空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
卑怯者の美学
category: 差別 | author: とらひげ

 

近年の日本では、他者を攻撃中傷するだけの言論が横行している。

韓国・朝鮮人や中国人への差別意識が掘り起こされて増幅されている。

強者、権力者を擁護し(自己を強者と一体化させながら)、その立場から弱者、被害者を攻撃中傷する点に共通性がある。

そこでの攻撃罵倒の対象は韓国中国だけはなく、差別抑圧迫害されている人々に向けられる。

元慰安婦女性たちだけでなく
在日の人々、基地撤去を求める沖縄の人々、原発事故の被害者
生活保護を受けている人たちもそうである。

 

今日、日本は経済停滞が続き、人口減少、高齢化社会
将来良くなるという展望が失われ、かつ人々の生活を保障していた会社、地域社会、家族が解体され、

一人ひとりがバラバラにされて人権を無視した競争社会に放り込まれている。
見下していた韓国中国が経済成長している点も刺激している。


こうした中、事実かどうかが問題でなく、自分が安心できるものを事実だと信じたい、

自分が責められるようなことは否認したいという傾向が強まっている。

差別迫害されてる者や弱い者を攻撃し叩くことによって、自己の優位さ、

強さを示し、不安を解消し、自信を持ちたいという衝動かもしれない。
より良い未来を作る展望も自信もないから、過去の歴史の中で

何か誇れるものを見つけようとするしかない。

彼らの攻撃対象は、弱者あるいは反撃されても不利益を被らない者ばかりである。

強者の横暴は容認される。


安倍政権下でそれを批判する者に対する政治的圧力、圧迫が強まり、

経済界では人権など堂々無視されてる中で、人権意識を身につけようという方が難しい。

こうした動向は卑屈な後ろ向き姿勢であり、未来を展望するものは何も生まれない。

過去の幻影の中に誇りを見出そうとするだけの、後ろ向きな幻想に過ぎない。

 

「日本軍慰安婦問題の核心」林博史 著の序文より引用させて頂きました。

 

300x300s_FFFFFFFF.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
えっ!これって原発事故ですか?
category: シネシネ団 | author: とらひげ

 

えっ!これって原発事故ですか?

私たちの漠然とした不安が一気に滲み出した瞬間。

ネタバレになるから詳しくは書かないけど、
黒澤監督に感謝。


ウズベキスタンという見知らぬ場所でテレビリポートの
取材を続ける女性。
ろくに英語も通じない、全く日本人のいない場所
食事をするのにも凄く躊躇するから売店で
ビニールでパックされた炭水化物を食べて済ませて
しまう。よくわかります。
可愛らしい女性だから、見ててヒヤヒヤしてしまう。

 

戦後すぐの日本とこの国との関係について逸話が
途中に出てくる。非常に興味深い。
後で調べる。
ラストの映像は圧巻でした。

 

旅のおわり世界のはし12441まり_本ホ12442スターヒ?シ?ュアル.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
遠ざかるフクシマ 復興五輪1年前
category: 広めたいこと | author: とらひげ

福島原発事故以前に作り上げてきた生活基盤を
根こそぎ奪われてきた人々。

 

「健康で文化的な最低限の生活を営む権利」
8年以上に及ぶ憲法25条の著しい侵害。。
加害者はもちろん、東電と日本政府。

被害者への補償、賠償は加害者である
東電と政府が主導してる。
これと表裏一体になって、東電と政府は情報開示には
消極的な姿勢を貫き、加害責任を曖昧化してきた。

 

そして、華々しくオリンピックで忘却を狙う。
ゼネコン、マスコミ、JOC
金儲けの正当性には誰も実際には抗えない世界。
いつもその影で泣いてる人たちがいる。
自分とは関係ないと無知、不寛容であると、
必ず自分に返ってくる。
何故なら、現政権は未だに原発推進を掲げている。

 

2019年8月23日  18:30〜19:30
浜松駅北口JR敷地外広場
「さよなら原発の夕べ 浜松」

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
「僕はイエス様が嫌い」
category: シネシネ団 | author: とらひげ

役立たずの神様、僕からカズマを奪っていった

 

ここに来てカズマは初めての友達だった

 

優しくてサッカー上手く、クラスの人気者

 

カズマのお母さんは美人でいつも笑っていた

 

だけど、病院の廊下で電話口で

 

「あなたって、いつもそう!!」と怒鳴っている

 

カズマのお母さんを見た時に気付いたんだ

 

この痛みに出口なんてないんだなって

 

先生のお祈りなんて屁の役にもたたない

 

僕は悲し過ぎて涙も出ないよ

 

jesusmovie5-1556945245.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
大量の戦争本が送られてきた
category: 思ったこと | author: とらひげ

妻が20代に読んだ戦争本がまだ実家に
眠っているというので、私が読むから神戸から送ってくれと
言ったら大量に送ってきた。
一ヶ月は本を買わなくて済むな。悲・・・・
意外と戦争についての本は、何で?何で?と
目が車輪のようになって、ドンドン読み進んでしまう。


ただ、悪夢を見ることは必至です。

だけど、国体維持のためだったら戦争しても止む負えず
と思ってる人たちは読まないですよね。
戦争の本質を見てフニャチンになるのを
恐れてるのでしょう。
もっぱら、対中国、嫌韓の糞本しか読めないでしょう。

 

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
元気汁凝固
category: さらけ出していい恥 | author: とらひげ

ど暑い。カルピス飲んで、体の汁が全部抜けて、
凝固カルピスが喉に残ってる。
だけど、明日のイベント準備のせいでいつもとは
違うポジションで歌えたから、楽しかった。

 

69056897_2367202039981996_7977066750548115456_n.jpg68902149_2367201993315334_8616297646723694592_n.jpg68249737_2367202026648664_5214118017062928384_n.jpg68929799_2367202099981990_9082796550370885632_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
糞納税通知書
category: 思ったこと | author: とらひげ

糞納税通知書と一緒に送られてきたチラシ。
今朝NHKで、終戦に導いた当時の首相、
鈴木貫太郎の特集をやってた。
「これからはウソのない政治を」とのお言葉。

何のことはないウソばっかり、
「引き上げは一人ひとりのために」
政府の借金を国内の金貸し屋に返す事がか?

ちょっと鈴木貫太郎に興味を持ったので、
「終戦 首相 ウソのない政治」で検索したら
安倍晋三だらけ、、ウケるわ。

 

68457754_2365010190201181_6391044330110320640_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
さらば愛しきアウトロー
category: シネシネ団 | author: とらひげ

伝説の紳士バンクローバー(銀行強盗)
少年時代から何度も捕まり脱走を繰り返す。
銀行員に笑顔でふところの拳銃を見せるだけ
発砲は一度も無し、女性からハートを奪う。

 

いい映画だったなあ〜
ロバート・レッド・フォードも好きだけど
何よりケイシー・アフレックが大好きなので。
彼のニールヤングを更に気怠くしたような声がたまらん。

 

数人しかいない映画を観終わってロビーに出ると
人が溢れかえっていた。次の映画は「東京裁判」
年輩者ばかりだが、終戦記念日だからだろう。
本来は、国民に広く見せるべき映像なのに、
特別料金を払わないと観れないなんて凄く違和感を
感じる。NHKでちゃんと放送してほしい。

 

deroi.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
続・私記南京虐殺
category: 文学歴史の20 | author: とらひげ

私は「南京虐殺」について執筆するけど、反日アジ左翼では
決してない。現在の私は政治的には全く関係なく
したがって保守でも革新でもない。


少なくとも十年ぐらい前までは私は政治に関心が強い方だった。
その頃の私は自民党に入党して、選挙のたびに保守系候補を応援して歩き、選挙狂と言われるほどだった。

 

それが本当の戦争伝承を思いたった十年ぐらい前に
政治との繋がりをバッサリと立ち切った。
その理由は政党との繋がりがあると、事実を事実通りに語れない場合が生ずるからである。
私は保守、革新でない立場から「南京虐殺は事実である」と断言できる。
私自身が南京攻略戦に参加して自らが犯し、見聞して
その一端ではあるが確認しているからである。

文中より

67953901_2363585737010293_4080443489270104064_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
「セールスマン」
category: シネシネ団 | author: とらひげ

世界中でMe too"が叫ばれてるけど、欧米主義を
拒否続けてきたこのイラン社会では・・・


子どもが欲しがるスポンジボブ、学生がスマホで撮影する
いたずら映像、演劇では裸婦の設定が赤いコ—トを着てるのを
あざ笑う人たち、など、グローバル化が進んで拒否できないものもある。
対して今尚、根底にある男尊女卑が社会の暴力性を写し出す。

 

昼間は国語教師で、夜は夫婦で演劇をやっている。
ある日夫の留守中に、男が侵入して妻がレイプされてしまう。
警察に訴えてもロクなことにはならないので、訴えを拒否する妻。

そして、怒りをどうする事も出来ずに、自ら犯人を捜す夫。

 

最終的には夫が復讐を果たそうとするが、そんな夫に対して
被害者であるにも関わらず妻は
「許してあげて、そんなことをしたら私たちは終わりよ、、」
といさめようとする。
それは自分がレイプの時に受けた同じ暴力を
夫の復讐心で見てしまったからだろう。
実に深い作品でした。

スクリーンショット 2019-08-14 15.18.19.png

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH