空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
ブルースが溢れる
category: 突き刺さった言葉 | author: とらひげ

喜びはアイスクリームのように一瞬で消えてしまうが

悲しみはあまりに堅い

だから人は一つの悲しみを噛み砕き、飲み込み

消化しながらいくつもの歌を生み出す

 

shutterstock_103754675.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
天竜川上流に高濃度放射性廃棄物処理場建設計画があるから浜松市も他人事では済まない。
category: 広めたいこと | author: とらひげ

そもそも陸地の地下であっても地層処分は課題は山積み。
原発から出た核のゴミから利用可能??なプルトニウムを抽出。
残った高レベル放射性廃棄物はガラスと混ぜて固め、それを金属容器に
入れて、さらに粘度の緩衝材で覆い地下300メートルに埋める予定。
これを10万年保管する・・この間に何回地震が起きることやら、
未来の人(人じゃないかも)からみれば開けてはいけない失われたアークだ。

 

ガラス固化体が地下水の長時間触れるとガラスとともに、放射性物質が
地下水に溶け出すか可能性がある。空気に触れないから金属容器は
腐食を防げるがガラス固化体に異常が起きても対処ができない。
しかも低レベル放射性廃棄物はガラス固化も行なわすそのまま廃棄との
バカっぷりです。地下水に流れるだろう。

 

現在国内には1万八千トンの放射性廃棄物。すでに再処理した分を
含めると約2万5千本のガラス固化体ができる。
そして原発を再稼働すればさらにそれが増えるわけです。
保管用燃料プールには限りがあります。

だからって、海なんて更に難しい。活断層の調査にも
どれだけの時間と労力がかかることやら・・・
やめろよ!原発・・

 

2017年4月28日 18:30〜19:30

浜松駅北口JR敷地外広場

「さよなら原発の夕べ 浜松」

 

スクリーンショット 2017-04-24 5.50.36.png

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
坊ちゃんスキンフィッシュ初体験
category: 家事育児 | author: とらひげ

舘山寺花咲の湯の無料券があったので、たまの贅沢。

嬉しい事に私の大好きなスキンフィッシュも来ていた。

ついでに坊ちゃんにもやらせてみた。

思春期になってすっかり感情を隠すようになったが、

魚とのスキンシップに顔がゆるみっ放しだった。

長時間ぬるま湯に浸かった後のビールも格別だった。

 

170423_1927~02.jpg

170423_1846~01.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
福島原発責任回避委員会
category: くだばれ!原発村 | author: とらひげ

1巡目で何も問題なかった子たちが2巡目で甲状腺ガンもしくはその疑いというのが

40人近く出てるのに、こんなのモレモレでしょうが。

この腐った連中にとっては人数をとにかく少なく見積もって公表することが

仕事なんでしょう。

170423_1541~01.jpg170423_1543~01.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
震災から6年の変化
category: 原発 | author: とらひげ

原発災害の風化が進んだだけ。

一人ひとりが曲がり角を曲がって、起こった事を忘れてしまうが

そこに置き去りにされた気持ちは絶対に消えない!!

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
授業参観
category: 家事育児 | author: とらひげ

日曜日に授業参観とは子供にしてみればいい迷惑だろう。

何故か昔のまんまのしきたりで4年生と6年生は一番新しい校舎。

一番新しいといっても私の在学中に新築した校舎だからね。

築50年。結構ボロボロ。

授業は算数、実につまらない・・

新任の先生も分度器のような人だった。

嬢ちゃんは教卓の真ん前の席。体だって大きいのにいつもそうだな。

先生の黒子の数を数えるとか、先生の口が臭い!とか言って、

席を替えてもらいなよ。

一番後の席、机に伏せてる男の子。

先生にノートを取りなさいと言われて、やっと鉛筆を机の中から

出す。まるで50年前の私だ。

 

 

 

170423_0840~01.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
マイナスのエネルギー
category: 思ったこと | author: とらひげ

仕事帰りでクタクタなんだけど、歌うときだけはそれでも

元気が出る。抽出するエネルギーの元が違うから・・憂鬱、怒り、悲しみ

嘘、欺瞞、差別、抑圧、無視、嘲笑。

まるでメタンで走る車です。

 

先日、知り合いから26年前の「浜松幼児変死事件」の話をきいた。

すでに懲役刑を7年で終えて出てきているが、

無実を訴え、再審請求を2度も出してる。

裁判所は却下・・本人は名前を公表してる。

なんとか汚名を晴らしたいのだろう。

興味のある人は是非読んでみて・・

http://blog.livedoor.jp/fuku125/archives/51026693.html

170421_1912~01.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
ちょっと文庫本
category: - | author: とらひげ

図書館で絵本じゃない、文庫を借りてきたのは初めてかも・・

4年生になると段々とお姉ちゃんになるな。

今度の担任が福島県出身の方ということで興味を持ったらしい。

6年前は幼稚園3歳だったからさっぱり記憶にないのだ。

 

おしどりマコさんの記事にも書いてあったが・・

去年の暮れ辺りから原発いじめの報道がやたらに

多くなった。私だってそんなのもっと前から聞いて

人伝にたくさん聞いていたよ。

なのに、避難者が減ったなんで今なの?

原発避難者はいじめられるという構図を植え付けるだけなのに・・

それはやっぱり4月からの避難解除の時期に合わせるんだな。

乗せられて記事を書いてる人もいるだろうけど、

ジャーナリストがだまされたらアカンだろ。

なんせ、それを見る庶民は大抵そのまま受け取るだけなんだから。

 

娘はイジメを見ても怖くて見て見ぬふりをするタイプだろうなあ。

それでも人の気持ちに寄り添い、よく考え、

影で支える人にはなってほしいなあ。

170422_2214~01.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
写真家ってすごいな
category: 思ったこと | author: とらひげ

写真家ってすごいな。

今月のDAYS JAPANは国際フォトジャーナリズム特集。
写真はどんなインパクトのある言葉より、見て一瞬で
無力感のどん底に落とされる事がある。
本屋で郵便ポストの前で唖然として立ち尽くす。
恐怖で歪んだ子供の顔、苦痛に泣き叫ぶ子供
小さな亡骸を抱く父親、
こういう写真を見るべきは軍事ビジネスに携わってる人たち。

https://www.daysjapanphotoawards.com/2017awards

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
食っても食っても伸びてくる
category: - | author: とらひげ

食っても食っても伸びてくる魔法の葉っぱ。

というかこれが普通なんだね。

家族は文句を言う。

猫はウンチをしにくるし、農薬使ってないから

葉っぱは虫だらけ。

だけど、毎日大量にサラダが食べれるよ。

170422_1656~01.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH