空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
シャボン玉
category: シネシネ団 | author: とらひげ

ストーリーは出来過ぎぐらいいい話だけど。

市原悦子さんの田舎で一人暮らしの婆ちゃんがめっちゃ

いい味出してたなあ。

ご当地映画でIターン促進という側面もあるだろうけど

それなら大成功だな。

 

f7685cd5d11704ce0330d682a0a317a3e1a630d2_large.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
「経験やノウハウを生かした国際貢献」片腹痛い
category: 広めたいこと | author: とらひげ

電事連の勝野会長は日立がイギリスの原発建設を
凍結したことに対して
「原発の海外輸出については、国内の技術基盤を維持し、
日本の経験やノウハウを生かした国際貢献をしていく面で
非常に重要だと考えている。今回の凍結で、
日本の高い技術を維持する機会が失われたことは
大変残念だ」。。。。


現在事故進行中の福島第一原発事故。
自国民に対して責任を投出、満足な補償もできないくせに
何が「経験やノウハウを生かした国際貢献」なんですかね。
わけがわかりません。
放射性廃棄物の処理や廃炉すら、遅々として進まず
問題山積み。


世界最大の原発事故を引き起こしても責任を果たせない
国に原発を注文するなら安全コストが
どんどん上がるのは当たり前です。
それでも、経産大臣のこの発言。
恥ずかしい、日本の恥・・

 

2019年1月25日 18:30〜19:30
浜松駅北口JR敷地外広場
「さよなら原発の夕べ 浜松」

 

スクリーンショット 2019-01-20 12.55.17.png

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
前向きで強い皆さんにはわからないのかな?
category: 思ったこと | author: とらひげ

 

忘れて前に進む文化。私も過去にはこだわらない人だと
思われてるらしいけど、そんなことはない。
傷ついた時のことはそのまま克服もされないまま残ってて
ふとした瞬間にその時の気持ちがよみがえって今度は
後悔という形で同じように傷つく。そんな時のために
形あるもの墓標に向き合う。
行政はそんな内面的なものは邪魔くさいだけだろうな。

 

50263515_2032583336777203_217508104625979392_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
フランス外人部隊
category: 文学歴史の20 | author: とらひげ

フランス外人部隊に入る日本人って結構いるんだな。
村上龍の小説「希望の国のエクソダス」に出てくる東南アジアで革命家になったナマムギくんを思い出した。
この著者の場合は災害救助がしたくて、自衛隊入隊に15回もトライしたけど落ちて(本人曰く数学が全くダメが原因?)
それで語学が得意だったことを活かし外人部隊に入隊。
期間は5年で、雑用、掃除、訓練だけで終わってしまう場合も
多々あるらしい。彼は人を殺したり、殺されたりするのを肯定して部隊に入ったわけではない。
テロの多い紛争地域で、見張っていて停止を呼びかけても
迫ってくる人、威嚇射撃はできない・・
平和維持活動というのは恐怖との戦いでもあるんだな。

 

日本や韓国、中国、北朝鮮、など文化的で知力、倫理観がが
ある人が大勢いる地域でも武器が必要なのか?
対策をとらなければいけないのは互いを認め合う姿勢を
破壊するレイシストの処分だと思う。
それに教育が大きく影響するだろう。

 

著者の野田君がアフリカのジャングルで出会った少年は
藁と粘度の家の生活レベルなのに、日本人だと知ると
「ヒロシマ、ナガサキ」
「日本では1945年8月6日午前8時15分に原子爆弾が
投下されましたね」と言われたそうだ。
紛争地域であってもなんとか自分の国に平和をもたらしたい
そんなおもいで、子ども達に勉強を教えている教師も
いるんだ。

50414451_2027119863990217_4468516672344424448_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
凍てつく指
category: さらけ出していい恥 | author: とらひげ

 

演奏を始める寸前までポケットの中カイロで暖をとってるけど、

数分で指先の感覚がなくなる。
爪先に銅線でも引っ掛けて電池につなげてみようかな。

50274354_2031287490240121_4193272890021380096_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
ゴーストストーリー
category: シネシネ団 | author: とらひげ

切ない詩的な映画でした。こういうのは久しぶり。

ケイシー・アフレックとルーニー・マーラというだけで

観る価値はあると思った。

ケイシー自身がもしかしてずっとシーツを被ったまま演技してた

のでは・・観て、聞いて、時々向きを変えたりして動いてる時もあるけど

ほとんど突っ立ったまま、なのにもの凄い哀愁。

 

ポルダーガイストに悩まされ、引っ越しをしようと決意する夫婦。

ある日、突然交通事故で旦那が亡くなる。

白いシーツに包まれた亡骸、それがそのまま起き上がり、

2人の暮らした家に居着く。

残された妻は、やはり引っ越しを決意する。

最後に壁の隙間に走り書きしたメッセージを残し。

それは引っ越しの多かった彼女の子どもの頃からの癖で

ある日その家に戻ってきた時に過去の自分が出迎えてくれるようにと。

それをほじり出そうとゴーストがカリカリやるところもなんとも

切ない・・

 

 

20180728100507.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
命の水を守る
category: 広めたいこと | author: とらひげ

ホールが満席。関心の高さがわかる。
水供給がよい、浜松市が一番最初のターゲット。
保守の自民党市議までもが反対している水道民営化。
空気と水がなけりゃ生きていけないのに、
それを金儲けの足しにするなんざ、許せるわけがない。
膨大な契約書の中身は市民の知る権利、生きる権利を
度外視した 儲け主義だけが際立つ。

 

49939057_2024024704299733_165209468978593792_n.jpg50221154_2024024677633069_7980777181385064448_n.jpg

50012423_2024024734299730_3739728350768267264_n.jpg

 

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
自分の意見を持つこと、言うこと
category: 思ったこと | author: とらひげ

娘になんで日本がこんなに低いとこなのか説明していると、
婆ちゃんが、「そんな擦りこみはやめた方がいい」みたいなことを言い出す。

自分の考えを持つことを教えているのに
全くわかってない。
自分の意見を言わないことがどんなに奴隷根性なのか。
立場上、公には声に出せない人でも家族やみじかな人には
絶対に言うべきだと思う。食卓で、教師は授業の中で。

 

50763257_2023805334321670_124005584260300800_n.jpg50303877_2023805300988340_8302746531396583424_n.jpg50031979_2023805317655005_933974744850497536_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
荷揚げ作業
category: 差別 | author: とらひげ

資源回収で「荷揚げ」、腰が痛いし、サボりたいななんて思っていても、

出てしまうと率先して働いてしまう、

しかも車の誘導は間隔を置いてなど、余分なことまで口を出す。
作業が単純であればあるほど、隣人との協力関係があっという間に確立する。

信頼関係とはまた違うものだけど。
それは日本人特有のもので、「日本の誇りだと言ってる人」が
いるけど、世界中どこのコミュニティでもそうだよ。
むしろ、そんなことを言い出すやつが、一番隣人との
協力関係をぶっ壊す。
排他主義、純血主義、気持ちワリ〜

 

syudankaisyu-panfu.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
エステサロンVS虎ひげ
category: 家事育児 | author: とらひげ

息子の通うジムの横でマッサージ屋があって、

しかも一時間半額!!

腰が痛いし時間も丁度いいと思い、

受付に訊くと「ブライダルキャンペーン中です。」と言われた。

エステサロンだった。

紛らわしい。

49842981_2021529307882606_6756682339197124608_n.jpg49779896_2021529291215941_190789267696386048_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH