空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
落書き
category: 家事育児 | author: とらひげ

 

私の食事してる横で落書きしてる嬢ちゃん。
中学に上がったら美術部なんて入ったらあかんよ。
集団で固まって絵を描くなんて異常。
絵なんて一人で勝手に描いてれば充分。
と、美大出身の妻が諭す。

 

44282950_1906334902735381_2765594076857237504_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
羊の選挙で選ばれた羊飼いのオッサン
category: 思ったこと | author: とらひげ

羊の選挙で選ばれた羊飼いのオッサン
寄り添うフリをして尻の毛も残らずむしられる

犬はギャンギャン吠え回り、強権を振り回す
ここに大人しく並べと・・・


それでもそれなりに幸せに暮らしてこれた
端の崖から何人落ちたかなんて誰も知らない
こんな鮨詰め社会じゃ、隣で何かが起きなきゃ
気付きなんて得られない
デマや噂に踊らされて最後には黙りこんでしまう

 

羊の選挙で選ばれた羊飼いのオッサン
振り回した強権を自分の鼻の穴に引っかけないかな
飼い犬に噛まれてのたうち回る姿をみたいな
そんなこと考えながら駅前で同胞の羊達に語りかけています。

スクリーンショット 2018-10-19 20.52.21.png

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
大阪おかんの獄中日記
category: 文学歴史の20 | author: とらひげ

パラパラと本屋で立ち読みして、泣きそうになった。
獄中で過去の思い出と向き合う。それしかないからね。
興味本位で買ってしまいました。

 

持っていたもの、築き上げたものをすべて失いました。
去って行った友人、知人も多くいました。
家族もバラバラになってしまいました。
今の私たちには何もありません。でも不思議なものです。
私は、そしてまた主人も、今心から幸せを感じています。
すべてを失ったから見えてきたこと。

前文を抜粋させて頂きました。

44454608_1905045629530975_3709750758942441472_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
孤独な戦士、50年後の誉れ
category: 人物 | author: とらひげ

「孤独な戦士、50年後の誉れ」という記事が中日新聞の

夕刊に出ていた。この有名な写真は知ってる人も

多いと思うけど68年メキシコオリンピック短距離走で

の表彰台。1位と3位のアメリカの選手が星条旗に顔を背け

黒い手袋をした片腕を突き上げてる。

人種差別を訴えたものだった。

 

実は2位のオーストラリアの選手もこのとき人権バッジを

付けて抗議に同調している。

このアメリカ人2人に黒い手袋を片方ずつはめるという

アイディアもこのオーストラリアの選手ピーターノーマンに

よるものだったらしい。

 

当時はオリンピックの政治利用だとして徹底的に叩かれた。

オリンピックそのものが政治利用のくせに何を

言ってやがんだって思うけど。

その行動により彼は白豪主義オーストラリア自国では2006年に

亡くなるまで「忘れられたランナー」として干された。

 

で、2018年今頃になってアスリートとしての功績に表彰。

誰のための表彰なんだろ。

記事にはアルコール依存症と足の故障に苦しみ失意もままに

終えた人生だったと書いてあるが、子や孫に恵まれ

甥っ子は彼の伝記映画まで作っている。

幸せな人生だったと思いたいね。

こんな表彰屁の価値もない。

スクリーンショット 2018-10-17 21.50.24.png

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
***のケ
category: 思ったこと | author: とらひげ

さっき、所要で浜松駅前に行ったら、この曲をやってる
アマチュアバンドが・・・・
高校時代に同級生に内気で泣き虫の内村くんって子がいて
バンドでギターを弾いてるらしいけど、ヴォーカルがいない
の手伝ってほしいと、2年上の先輩を通して言ってきた。
まあ、勉強だと思ってテープを聴いて曲を覚えて、
湖西まで練習にいった。全部甲斐バンドだった。
これって、ストーンズのホンキートンクウィメンがベースに
アレンジしてあるんだな、なんでマイナーなんだよと
当時めっちゃ抵抗感があったけど。
今となっては懐かしい思い出の曲だ。

 

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
遠州屋
category: 食い物 | author: とらひげ

改装して広くなった遠州屋。

キムチ餃子、プルコギ、カルビ。他の焼肉屋に比べたらずいぶん安くて美味しい。

43950039_1899640900071448_4373251922602229760_n.jpg44023894_1899640596738145_6011329776164274176_n.jpg44032530_1899640573404814_5567890912706560000_n.jpg

44067932_1899640673404804_1584850345337552896_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
不信の元凶が貼る「安全なのに不安がる人たち」というレッテル
category: 広めたいこと | author: とらひげ

これまで原発事故後の放射能汚染に関する正確な情報を

得られない経験をし、放射能汚染基準値を国のよって

突然押し上げられ、その基準値によって、「安全」であると

宣伝されてきた以上、人々ができるだけ被ばくを回避したい

という自分たちの当然の判断が通用してないとの

思いを抱えるのは当然だ。

そして、地震、津波、原発事故という強烈な緊急事態の中、

裏切られたという思いを全身で抱えた人にとって、

その「不信」は当然、拭い去れるものではない。

 

その国や行政が払拭されない限り、国が勝手引き上げた

基準値の基づく放射線測定値の評価は住民にとって

全くと言っていいほど意味をなさない。

 

ではそれを察した国はどうしたか・・

「不信」に基づいた「不安」の問題を住民たちの

「理解力」の問題にすり替えてしまった。

つまり、「住民は大したことない被害対して過剰反応

するほど勉強不足である・・」ということに

してしまってる。

この不信を抱えた住民を見下す態度は、

「不安解消」どころか政府や行政に対する不信を

更に増幅させる結果になってしまっている。

 

勿論、単純に「不安」の問題としてしか捉えない学者も

類する言説も、被害当事者には信頼されない。

「安全なのに不安がる人たち」という一方的な決めつけは

加害と被害の構造を見えなくする目的を持つことを

当事者達に見抜かれてもいる。

 

強調しておきたいのは、「不信」が「不安」を

増幅させている側面はあるものの、個々の判断は

非科学的な「不安」にかられているわけではない

ということだ。

多くの住民が科学的データや言説に真摯に向き合い、

その上で個々の判断をしている。

だからこそ、命や人生に真剣かつ切実な判断に対して

「理解不足」だとする国、行政や、「勉強不足」と

言い切る学者には心底驚く。

 

そもそも、原発事故の放射能汚染による被ばくには

何のメリットなく、我慢すべきものでも受け入れなくては

ならないものではない。

 

以上「その後の福島」吉田千亜さん著より

引用させてもらいました。

この本には311より7年半経った今も置き去りにされた

ままの人たちの個々の状況が綴ってあります。

それでも原発を稼働させている私たち国民は

今後、原発事故が起きれば原発容認した当事者として

責任を負わされることは必至でしょう。

事故を起こした加害者としてドイツよりも厳しい措置が

必要です。原発は即時ゼロに。

 

2018年10月19日 18:30〜19:30

浜松駅北口JR敷地外広場

「さよなら原発の夕べ 浜松」

 

 

44045278_1899432246758980_225086733333561344_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
美術部の展覧
category: 家事育児 | author: とらひげ

駅前の地下道に坊ちゃんの絵が飾られているというので

買い出しに行くついでに見てきた。

いつも、ビルが多く立ち並んでる街中の絵ばかり

書いているが、部活でもそうなのか・・・

ショーウィンドウにうつった私と坊ちゃんを見て

ついに身長を抜かれたのに気付いた。

44027869_1899333763435495_4165198801931337728_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
クレイマーと思われても文句は一応言っておかないと
category: さらけ出していい恥 | author: とらひげ

近所の風呂屋、時間制限があってコースが60分、90分

後はフリーというのもある。

土曜日など、外食を兼ねてよく行くのだが、選ぶの90分コース

風呂に30分、食事やリラックスタイムの60分ぐらい。

ところが、昨日は混雑していて食事が注文して30分近くかかるというので

60分コースに変更してもらおうと妻がレジに行くが、

それはルール上できませんと・・・

ちょっとカチンときた私は語気を強めて抗議した。

お金をまだ払っているわけでもなく、そちらのシステム上の問題だから

融通をきかせてくれと・・

90分でも食事をせず風呂だけの人もいるとのことだろうけど。

夕方時にそれはあまりないだろ・・

上の人とちゃんと話をさせてくれと詰め寄ることもできたけど

これ以上言うとここに来れなくなるからヤメてくれと妻に言われ

引き下がりました。

だけど、苦情を言っておけばシステムが変更させることもあるからね。

IMG_4636-300x225.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
男はおだてに乗りやすいからね
category: 差別 | author: とらひげ

これはあるね。いろいろと教えてあげてるつもりが、
実はそんなことは全部知っていたなんて、後で言われる。
日本には「男をたてる」なんて言葉があるけど、
私は立ててくれなくて結構、勝手に立ちたい時に立つから。

 

スクリーンショット 2018-10-12 5.33.36.png

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH