空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
バスターミナルのベンチが僕の居場所だった
category: 思ったこと | author: とらひげ

鉄格子の部屋で 夜明けを迎えようとしてる
汚れた壁にもたれ 眠れないトンネルの朝
諦めてしまったことを思い返している

 

誰の声も聞かない 入れ知恵はもうたくさんだ
普通だよ、当たり前、常識だろそんなことは
そうやって空くじばかりをいつも引かされる

 

テーブルマナーさえ守っていれば
この町じゃまず食いっ逸れはないけど

 

バスターミナルのベンチが僕の居場所だった
誰もいなくて
バスターミナルのベンチが僕の寝場所だった
どこかで誰かが泣いていた

 

好きなことは「好き」と素直に言えるように
嫌なことは「嫌だ」とはっきり言うべきなんだ
見えない圧力なんかに怯えないでくれ

 

鉄格子の部屋で夜明けを迎えようとしてる
ベンチで寝てただけさ、それさえも許されない
ここを出たら仕事を探さなきゃいけない

 

テーブルマナーさえ守っていれば
この町じゃまず食いっ逸れはないけど

 

バスターミナルのベンチが僕の居場所だった
誰もいなくて
バスターミナルのベンチが僕の寝場所だった
どこかで誰かが泣いていた

 

太田 明伸さんの写真

 

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
羊の選挙で選ばれた羊飼いのオッサン
category: 思ったこと | author: とらひげ

羊の選挙で選ばれた羊飼いのオッサン
寄り添うフリをして尻の毛も残らずむしられる

犬はギャンギャン吠え回り、強権を振り回す
ここに大人しく並べと・・・


それでもそれなりに幸せに暮らしてこれた
端の崖から何人落ちたかなんて誰も知らない
こんな鮨詰め社会じゃ、隣で何かが起きなきゃ
気付きなんて得られない
デマや噂に踊らされて最後には黙りこんでしまう

 

羊の選挙で選ばれた羊飼いのオッサン
振り回した強権を自分の鼻の穴に引っかけないかな
飼い犬に噛まれてのたうち回る姿をみたいな
そんなこと考えながら駅前で同胞の羊達に語りかけています。

スクリーンショット 2018-10-19 20.52.21.png

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
***のケ
category: 思ったこと | author: とらひげ

さっき、所要で浜松駅前に行ったら、この曲をやってる
アマチュアバンドが・・・・
高校時代に同級生に内気で泣き虫の内村くんって子がいて
バンドでギターを弾いてるらしいけど、ヴォーカルがいない
の手伝ってほしいと、2年上の先輩を通して言ってきた。
まあ、勉強だと思ってテープを聴いて曲を覚えて、
湖西まで練習にいった。全部甲斐バンドだった。
これって、ストーンズのホンキートンクウィメンがベースに
アレンジしてあるんだな、なんでマイナーなんだよと
当時めっちゃ抵抗感があったけど。
今となっては懐かしい思い出の曲だ。

 

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
オートマ車の呪い
category: 思ったこと | author: とらひげ

浜松市メガドンキ前のセブンイレブンに車が突っ込んだ。
近所だからよく利用するのですが・・
ここは確か入り口右側のATMがある場所。
この手の事故の遭遇は何度もある。都田ベイシアの床屋、
鴨江のパン屋、伊場のシャトレーゼ。
この車から察するに若者かな・・最近、私もミッションの
ボンゴからオートマのバレットに車を替えたから
凄く怖いです。

DpNbmeKUYAAZh8F.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
目が泳いでるオッサンの動画を広めて何が面白い?
category: 思ったこと | author: とらひげ

気持ち悪いだけじゃん。

あの口調での話を聞くだけでも苦痛なのに。

わざわざ目をクローズアップして。

ネトサヨもネトウヨとさして変わらない。

イメージだけで相手を貶めようとしてる。

なんかもうウンザリだな。

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
巴の湯
category: 思ったこと | author: とらひげ

塾帰りに坊ちゃんと2人で大工町銭湯、巴の湯。

超音波の気泡と綺麗な湯。温度はかなり熱め。

やっぱり桶は黄色いケロリンだな。
風呂上がりにシャツを裏に着て、指摘して直したと
思ったら、今度は後前に着ていた。

 

41727806_1865616666807205_7849411904375095296_n.jpg41799636_1865616653473873_3836848225734623232_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
目の前で事故に遭遇
category: 思ったこと | author: とらひげ

17時20分過ぎ、浜北上島から天竜川堤防取り付け道路に入る。

私の前方車3台が車間も取らずにピッタリで走ってる。

あまりに危険な感じがして距離を置いて注視していた。

先頭からトラック、軽自動車、小型トラック。

対向車がいなくなったら2番目3番目はトラックを追い越したい。

一番後ろの小型トラックが一気に2台を抜去ろうとウィンカーを出したが

なんと一番先頭のトラックが脇道に右折しようとウィンカーを出す。

2台目がブレーキをかけて、3台目がすでに抜きに出る瞬間だったので

2台目の右横に激突クラッシュ。

 

すぐさま、ハザードを点けて、徐行して窓を開けて「大丈夫ですか?」

無視して夢中でどこかに電話してる。

2台目の人のところへは車を降りていったらこの人もルームミラーで

後ろを睨みながら、電話してる。声をかけたけど、手で振り払らわれた。

証言してやろうと思ったけど、私はそこまでお人好しじゃないよ。

 

いったい、何を信用してあんな車間を詰めた運転なんかするのか?

相手の運転技術、自分の運転技術、車の性能、道路状況

どれをとっても信用できないことばかりなのに。アホか!!

 

 

pixta_38289289_S.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
8月6日に広島で感じた違和感
category: 思ったこと | author: とらひげ

広島にはたまたま他に用事があって行ったのだが

原爆が投下された日に私がそこにいるのは初めてだった。

 

たくさんの警察官、ドーム付近で集会を

開いている様々な団体、献花の花を配る人たち、

式典付近では署名など政治的活動は禁止されてる。

ある意味、聖域とされている祈りの場所としている。

 

だが、そこではまるで野球の応援にいやいやかりだされた

ような子供達、アベさんの写真や動画撮るだけのために

来たような人たち、そして平気で2枚舌のアベさん

遠くからは抗議デモのシュプレヒコールが聞こえる。

未来について何らヴィジョンを示されず思考停止まま、記念日に

そこにいるだけ・・記念式が祈念式といつからか名称が

変わったらしい。

 

「安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませぬから」

いったいが誰が過ちを犯して誰がそれをしないようにするのか?

それは「人類」という大きな普遍主義を掲げて、むやみに

政治的なものを排除しようとするが、そこはこれから本当に

恒久的平和を望むなら避けては絶対通れないところじゃないのか。

 

この式典の歴史をひも解けば、GHQアメリカの顔色を見る時代から

始まり、原水爆禁止運動での共産党と社会党の分裂、

70年代に初めて日本の当時の首相佐藤栄作参加での妨害事件、

広島で被爆し、家族を失った人から見ればほんといい加減に

してくれ!!という思いだったろう。

そして現在に至っている。

 

これらの違和感をどう総括しようかと考えていたけど

素晴らしい本に出会えた。「ヒロシマ・パラドクス」

戦後の広島の歩みと、被爆者の立場などすごく個々に

取材して丁寧に書かれている。

新刊なんですけど、完成まで10年を要している。

抜粋したいけど、買って読んで下さい。

値段は高いですが内容はかなり濃厚です。

 

39085302_1819127814789424_6195634253129056256_n.jpg39091771_1819384038097135_2452326115839049728_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
反省もないまま現在も受け継がれる公文書隠蔽
category: 思ったこと | author: とらひげ

戦後公文書隠蔽焼却は次世代に対する侮辱、犯罪。
私たちはその時生きていなかったが、、、、

 

「汝が現在選択する際に、人間が未来も無償である事を
汝の欲する対象に含み入れよ」
ハンス・ヨナス

 

現に存在していないものは、権利要求を掲げない。
そのため、その権利を侵害されることもない。
存在するようになれば権利を持つかもしれない。
だが、いつか存在するようになるだろうという
可能性だけに依拠して権利を認められることはない。
そもそも実際に存在する以前には、存在する権利などない。
存在を要求する権利は、存在するようになって
はじめて生じる。

だが、こうしたまだ存在してないものにこそ
私たちの求める「倫理学」は関わってくる。
この「倫理学」の責任原理は、権利という観念から
同時に相互性という観念からも自由でなければならない。
「責任という原理」

 

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
つまり原発安全という唯一の根拠は
category: 思ったこと | author: とらひげ

「今後何十年の間にここは何ガル以上の地震はきません」という予知。

だけど、1000ガルを超える地震は国内で頻発してる。

答えは自ずと出るわけですよ。

真っ当な判決だし、全然普通です。
本人もここで言ってるけど勇気ある決断なんて
言われることじたいおかしいよ。
再稼働を容認した裁判官の方が
よほど、勇気があると思うよ。
国がいう経済的有益性を優先して人を
犠牲にしてもやむおえないといってるわけだから。
じぶんや家族、近しい人たちに
死ぬまで言い訳して生きなきゃいけない。
是非、再稼働容認した裁判官の
インタビューも取って掲載してほしい。

 

38811546_1811354108900128_9026389142849716224_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH