空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
翻訳なんてレインコートを着てシャワーを浴びるようなもんだよ。
category: シネシネ団 | author: とらひげ

確かに・・・言葉の響きやリズムはその意味以上に意味があったりする。

モノクロデザイナーの可愛い妻とバスの運転手で詩を書きためてる夫。

何気ない淡々とした日常を一週間描いている。

朝6時15分に起きてドーナッツ状のシリアルを食べ、仕事に出かける

帰ってくると必ず傾いてるポストを治し、愛犬と一緒に散歩に出かけ

決まったバーで飲む。

妻は毎日のように部屋のデザインを変えて、創作料理を考える。

携帯やスマホ、タブレットいじりは全く出てこない。

シンプルで優しい会話だけで成り立っている日常。素敵だね。

 

スクリーンショット 2017-10-19 19.52.32.png

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
エルネスト
category: シネシネ団 | author: とらひげ

レイトショーでエルネストを観て来た。

今日しか観るときはないと思ったので・・

そしたら、TOHOシネマズの巨大スクリーンに

観客はなんと私一人だよ。。一人!!

さすが、文化レベルが低い街とは知ってたがこんなに凄いとは

恐れ入った。これって誰も人が入らなくても上映するのか?

 

キューバの医大に留学したボリビアの日系フレディ。

入学してすぐにキューバ危機を迎え、キューバ人として

民兵に加わるがすぐに危機は去る。

のちに、祖国ボリビアを解放するためにチェ・ゲバラの

革命支援軍にインターンの免許取得後に加わる。

同士の間では親から貰った名前を捨てて「エルネスト」と名乗る。

 

キューバの大学のルームメイトが学内の女性を妊娠させてしまうが

フレディは元よりその女性に惹かれていたので

女の子を生まれてからもその女性を精神的、経済的にも支援していた。

その女性が本屋でフレディに語った言葉が印象的だった。

「ボーヴォワールや他にもいろいろ読んだけど、読めば読むほど

自分が小さく見えるわ・・」 なるほど・・・

特に男は、自分がその主人公になりきっちゃうとこが

あるんだよ。

それが今夜の私だったりする。理想を抱くことがいかに素晴らしいか

たとえ志半ばで倒れても一生懸命生きた証は後世に受け継がれる。
しかし、恐るべしオダギリジョー。
もともとスパニッシュが喋れるのか?

 

640.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
「彼女の人生は間違いじゃない」
category: シネシネ団 | author: とらひげ

福島第一原発、汚染水タンク、フレコンバッグ

中通りのさくらの映像が象徴的に出てくる。

 

いわきの仮設住宅に父親と2人で暮らすみゆきは役場勤めで

週末には高速バスを使い上京。デリヘルのバイトをしている。

ほろ酔いで波にさらわれたままの母親の話ばかりをして

昼間は仕事もしないで昼はパチンコで補償金を食いつぶすだけの父親と

狭い仮設暮らし。

週末上京は干渉されない違う自分を見つけるためなのか?

 

光石研さん演じる父親が今も行方不明の母親に別れを告げ

人生に一歩踏み出して行くのがクライマックスなんだけど

私は、みゆきが東京に上京するシーンが頭に残った。

仮設のデカい駐車場から軽を運転していわきの駅に車を停め

そこからハイウェイバスに乗り込み、バスの中で着替えをして

渋谷に付くまでシーンが何度か出てくるが、それが
電気を使いまくってきた東京と電気を作って送って来た福島の
ギャップを繋げるかのように感じた。

 

 

3-640x428.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
夜明けの祈り
category: シネシネ団 | author: とらひげ

終戦直後のポーランド。実話を元にした映画。

ロシア兵たちが「敵を匿ってる」などと言いがかりをつけ

何度も修道院に押し入り、シスターたちを強姦していった。

7人の修道女が妊娠。

フランスの赤十字の女医が診察、助産をするのだが・・

頭の固い敬虔な院長は生まれた子供を祖母に預けると偽って

冬の森に置き去りにしてきてしまう。

本来、皆が救いを求める場所にあるにも関わらず

恥を恐れて判断を誤ってしまった院長。

 

家の母親の勤めてる神道の教会で、物乞いが来たそうだか

「何もない」と門前払い。何のための教会なのか?

一回施しを与えたら、何度もやってるとさ。
それが言い訳か?情けない。
そんな教会はぶっ潰した方がいい。
施しを与えてコンコンを説教するとか、社会復帰を促すとか
それこそ、檀家から金をせびるだけなら
まだ、新興宗教の方がマシな感じがする。

 

 

o1178160013971630940.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
ありがとう トニーエルドマン
category: シネシネ団 | author: とらひげ

カツラと妙な出っ歯んの入れ歯が常備品。

悪ふざけの大好きな小学校の教師の父親と

常に忙しいキャリアウーマンの娘。

仕事に追われる娘が心配な父親は娘の仕事場にまで

やってきて悪ふざけをする。

ウルサく思う反面、そんな父に憧れる娘。

 

私の娘に同じ事を言われたことが何度もある。

「パパとママは他の大人と言う事がまるで違う」

親が破天荒だと子供は手堅く生きようとするものなのか?

 

娘は会社での結束を深めようと自宅の誕生日パーティに

仕事仲間を招待するが・・・

服を選んでいる途中でお客が来てしまう。

素っ裸で玄関に立つ娘。

「今日はより親交深めるために素っ裸パーティにしたわ!」

 

DFsr2tcXcAQat2p.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
スタートレック ディスカバリー
category: シネシネ団 | author: とらひげ

いきなり、クリンゴンとの戦争勃発から始まった

スタートレックの新シリーズ。

世相を反映しているな。
以前のエンタープライズは911当時のことが
影響大だった。地球が攻撃され700万人が死亡。
報復のために遥かな宇宙を目指すエンタープライズ。
創作者のジーン・ロッテンベリーの精神を忘れてほしくないな。
常にどんな相手とでも和解がテーマとしてきた。
どんなに難しい相手とでも。
かつて、日本も北インドの侵攻した際、アメリカの石油を
止められ、自暴自棄になってパールハーバーを攻撃した。
北朝鮮も経済的に追いつめればどうなるかな?

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
タイトルは「日本の再生」じゃなくて「日本と再生」なんだよね
category: シネシネ団 | author: とらひげ

ドイツ、アイスランド、アフリカ、中国、アメリカと再生可能エネを

どんどん進めている世界中を渡って取材している。

もちろん日本各地でも新電力を起業した人たちが熱く語る。

これを見るといかに再生可能エネが魅力的で可能性に満ちてるかがわかる。

だけど、日本は相変わらず送電線を独占する大手電力会社や

それに突き動かされる政治家、巨大な原発依存システムが

再生への道を閉ざしてる。

だから、タイトルは「日本の再生」じゃなくて「日本と再生」なんだな

たぶん・・

そういや、河合弁護士にベルトのバックルがドクロマークだったなあ。

keyvisual03.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
草原の河
category: シネシネ団 | author: とらひげ

厳しい自然環境の中で遊牧生活する3人の家族。

なかなか乳離れのできない娘と妊娠中の妻。

旦那は病弱になった僧侶の実父と確執があって4年も

あっていない。

映像が美しくてそれだけで見る価値があるけど

如何せん、無言の長回しが多くて不覚にも

なんどかウトウトしてしまった。

 

草原の河-5-1500x1011.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
マンチェスター・バイ・ザ・シーって丸ごと町の名前なんだ
category: シネシネ団 | author: とらひげ

ケイシー・アフレックが大好きで、それだけでこの映画は

見なきゃと思っていた。

ある事故がきっかけで町を出てボストンでアパートの便利屋をしていた男。

兄の死をキッカケに町に戻る事になる。

16の甥っ子の後見人、元妻との再会・・

過去のどうしようもなく辛くて悲しい出来事、乗り越えて克服なんて

できない。一瞬忘れる事はできても何度でも繰り返し襲ってくる。

それを受け入れて生きてくしかない。

このシーンが一番胸に詰まるのだろうけど、

私は甥っ子とのやりとりがすごく好きだった。

 

8cfaa87c2f3142c4.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
マッドマックスの世界観
category: シネシネ団 | author: とらひげ

マッドマックスの最新作が録画されたのでチラッと見たら

最後まで観てしまった。

こういっJ.C.ムービーって絶対残らないと思ったけど

そうでもなかったよ。

 

核戦争後の荒廃した世界。わずかな水を奪い合い、残っていたはずの
緑は化石燃料掘り出しによりどこも汚染されてしまった。
生きて行くために拳銃やマシンガンを所持しながらも
フルーツや野菜の種を後生大事にバッグに入れ持ち歩く老婆。
いろんな土地で植えてみたが一度たりとも芽がでることはなかった。
農作物ができれば、人は殺し合う事をしないで済んだはずだと・・
comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH