空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
被ばくする事が当然で、当然の義務みたいにさせられてる。
category: 広めたいこと | author: とらひげ

原発事故の除せん廃棄物を詰めたフレコンバッグが流出した。

 

台風だから自然災害だから仕方ないと考えるのは
絶対におかしいです。
東電をはじめとする大手電力会社や政府の思うつぼです。
何のための除染だったのか?
彼らは私たちが諦めてしまうのをじっと待っている。
私たちは不要な被ばくを避ける権利があるはずなのに、
もはや被ばくする事が当然で、当然の義務みたいにさせられてる。
被ばくを受け入れてもらう事が彼らの言う「心の復興」なのでしょう。
被ばくにはデメリットはあっても全くメリットはない。
今回の台風で管理がさらに杜撰になる事が懸念されます。

 

2019年10月18日 18:30〜19:30
浜松駅北口JR敷地外広場
「さよなら原発の夕べ 浜松」

スクリーンショット 2019-10-14 21.25.48.png

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
無関心とはあらゆる危険の中で最も悪しきもの
category: 広めたいこと | author: とらひげ

無関心とは関心が風化して敗北を受け入れてしまうこと。
「心の除染」などと言い現実への関心を失い
モルモットの列には絶対並ばない。
私たちは被爆収容所にかこいこまれ、関心をなくし、
すっかり諦めきった「顔のない」収容者の群れであってはならない。

 

「無関心とはあらゆる危険の中で最も悪しきもの
行動、それだけが無関心を治癒するものである」
ナチス収容所を生き延びたエリ・ヴィーゼルの
ノーベル平和賞のスピーチより。

 

2019年10月11日 18:30〜19:30
浜松駅北口JR敷地外広場
「さよなら原発の夕べ 浜松」

スクリーンショット 2019-10-06 20.03.28.png

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
事故が起きてもだれも責任取らならくていい、 カネは使いたい放題。
category: 広めたいこと | author: とらひげ

誰がどれだけ儲けてお金を貰おうが、
そんなの大きなお世話じゃないかと言う人がいる・・
とんでもないです。
そのカネの出所は国民の血税や総括原価方式で上乗せされた
電気料金からですよ。

 

原発推進は国策ですから国から補助金が出る。
それが原発立地区域にバラまかれる。
特に、地元の有力者に。
そして今度は地元の建設会社が
補強工事を取ろうと有力者を通じて、電力会社幹部にカネを
渡す。それで見事、地元建設会社が入札通る。

 

一つの建設会社独占という事になれば、安全性という意味でも
大問題です。
事故が起きてもだれも責任取らならくていい、
カネは使いたい放題。
これで、原発の安全など確保できるはずもないと思います。

 

2019年10月4日 18:30〜19:30
浜松駅北口JR敷地外広場
「さよなら原発の夕べ 浜松」

スクリーンショット 2019-09-29 7.12.12.png

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
成し遂げられずに勲章だけをぶら下げられて 世を去ったヒーローヒロインと同じ轍は踏むまいと・・
category: 広めたいこと | author: とらひげ

フゥ〜〜〜!とか言って感動して涙を流しながら拍手して
自分じゃ何もしない。
山本太郎もグレタも、そんな人たちに訴えてる。
何かできるかなんて自分で考えろって。

成し遂げられずに勲章だけをぶら下げられて

世を去ったヒーローヒロインと同じ轍は踏むまいと・・

 

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
普通は謝罪しながら責任は取らないなんて ありえない。
category: 広めたいこと | author: とらひげ

無罪判決を受けての3人のコメントは謝罪。

 

勝俣恒久・元会長「福島第一原子力発電所の事故により多大な迷惑をおかけした社会の皆様に対し、

東京電力の社長・会長を務めていた者として、大変申し訳なく、改めておわび申し上げます」

 

 武黒一郎・元副社長「本件事故により亡くなられた方々や負傷された方々に

改めてお悔やみとお見舞いを申し上げます。皆様に多大なご迷惑をおかけしていることを大変申し訳なく思っております」

 

 武藤栄・元副社長「福島第一原子力発電所の事故によって、大変多くの皆様方に

多大なるご迷惑をお掛けして参りました。当時の東京電力の役員として、改めて深くおわび申し上げます」

 

「謝罪」とは「違反や失敗を後悔して認める事」
「謝罪する」とは「何か間違いを犯した事への後悔を表明する事」
普通は謝罪しながら責任は取らないなんて
ありえない。

 

責任がないとあくまでも主張するなら
「国策である以上、原発が危険なものであるというイメージを
連想するものは敢えて無視せざるを得なかった。
私は常に原子力行政に操られてきただけです。」
と言うべきでしょう。
だけど行政も司法も被告人とグルなんじゃないですか?
でなきゃ、あんなふざけた判決文書けないでしょ。

 

判決を言い渡した永渕(ながふち)健一裁判長は国民からの
一斉批判を自らかぶったして、官邸の評価もあがる事で
しょうよ。
日本の自由民主主義を破壊しているのは誰あろう
自由民主党の皆さんではないですか。

 

2019年9月27日 18:30〜19:30
浜松駅北口JR敷地外広場
「さよなら原発の夕べ 浜松」

o0953071414593357620.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
東京ゴリンピックシーズンに向けて
category: 広めたいこと | author: とらひげ

今は千葉の台風被害、去年は7月に広島だった。
毎年のように自然災害が頻発している。
大型台風の発生の原因は海水温度の上昇とみられると
気象庁が言っていたが、私などは「海水温度上昇」で真っ先に
浮かぶのが原子力施設から温排水なんですけど。
来年の東京ゴリンピックの時期もどうなんだろうと思います。

 

去年、小出裕章さん(元京大原子炉実験所助教)がIOCの
バッハ会長に送った声明文の一部をシェアします。

 

一年間に20ミリシーベルトという被ばく量は、かつて私がそうであった「放射線業務従事者」に対して初めて許した
被ばくの限度である。
それを被ばくからなんの利益を受けない人々に許す事自体許しがたい。その上、赤ん坊や子どもは被ばくに敏感であり。
放射線業務従事者の基準に当てはめるなど、決してしてはいけない事である。
しかし、日本は今、「原子力緊急事態宣言」下にあるから
仕方ないという。緊急事態が丸一年、一週間、一ヶ月、
いや場合によっては一年続いてしまったということであれば
まだ理解できないわけではない。
しかし、実際には事故後7年半経っても
「原子力緊急事態宣言」は削除されていない。
国は積極的に福島事故を擦れてしまおうとし、マスコミも口をつくんでいて、「原子力緊急事態宣言」は今なお解除できず
本来の法令が反故にされたままであることを多くの国民は
わすれされてしまっている。
放射性物質の環境汚染の主犯格はセシウム137であり。その
半減期は30年、百年経っても十分の一にしか減らない。


実はこの国はこれから100年経っても「原子力緊急事態宣言」下にあるのである。

 

オリンピックはいつの時代も国威発揚のために利用されてきた。近年は箱ものばかりを作っては壊す膨大な消費社会と、
それにより膨大な利益を受ける土建屋を中心とした企業群の食い物にされてきた。
今大切なのは「原子力緊急事態宣言」をいっこくも早く解除できるよう国の総力を挙げて働く事である。福島事故のもとで苦しみ続けている救済こそが最優先であり、少なくとも罪もない子どもたちを被ばくから守らねばならない。
それにも関わらずこの国はオリンピックが大切だという。
内部に危機を抱えれば抱えるだけ、危機から目を逸らせようとする。そして、福島を忘れさせるため、マスコミはますますオリンピック熱を流し、オリンピックを反対する輩は非国民と言われる時が来るだろう。先の戦争の時もそうだった。
マスコミは大丸本営発表のみを流し、ほとんどすべての国民が戦争に協力した。自分が優秀な日本人と思っていればいるだけ、戦争に反対した隣人を非国民と断罪して抹殺していった。
しかし、罪ものない人を
棄民にしたままオリンピックが大切だという国なら私は喜んで非国民になろう。

 

 

2019年9月20日 18:30〜19:30
浜松駅北口JR敷地外広場
「さよなら原発の夕べ 浜松」

太田 明伸さんの写真

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
いくら強固に作られていようが原発は大量の水を必要とする
category: 広めたいこと | author: とらひげ

いくら強固に作られていようが原発は大量の水を必要とする

 

そろそろ、海岸にはクラゲが打ち上げるような季節。

思い出すのが2012年当時稼働中の大飯原発の取水口に

大量のクラゲが引っかかって出力低下を招いたことがありました。

今ではクラゲ防止用の網を設けるなどの対策がとられているが、

実はこのようなクラゲによる被害は世界中の原発に

起きている。驚くべきことにスウェーデンみたいな北欧でも

クラゲの大量発生事故が起きている。

原発の温排水によりクラゲの天敵の甲殻類がいなくなったことが

影響していると言われている。

 

原発は二酸化炭素を排出しないからエコだとか寝言を

言ってる人がいるが、実はその真逆で

異常気象を促進している。

膨大な水を冷却に使い、その温水を排出し、海、河川、湖などを熱汚染するからだ。

原発は天然ガス火力と比較しても8倍もの水を飲み込む。

 

原発の熱効率はわずか33%。

だから核分裂で生まれたエネルギーの67%は温排水として

環境に放出される。

例えば100万キロワット級の原発なら、200万キロワットの

エネルギーを海に捨てていることになる。

しかも取水の海水温度が1℃上がるだけで原発のエネルギー効率が2%以上ダウンし、

温排水による海水温度上昇に拍車を

かける。このことが地球環境に影響してないわけがない。

 

2019年9月14日 18:30〜19:30

浜松駅北口JR敷地外広場

「さよなら原発の夕べ 浜松」

que-10130031375.png

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
在日コリアン3世の女性が投げかけたこと
category: 広めたいこと | author: とらひげ

『私はそう思わない』と言うどころか、「戦争当事者でもなく
ろくに歴史を振り返りもしないくせに、ヘイト本やネットの
聞きかじりで、適当なこといってんじゃねぇよ」ぐらい言っても
いいと、私は思います。

 

「私は在日3世で、こうやって顔を出すのはできればやめたい。
でも、そうは言っていられない。
私は日本生まれ、日本育ちで、日本の学校に行ったので
韓国語はしゃべれません。
『なので韓国に帰れ』と言われても、帰れません」

「『国から出て行け』とか『帰れ』とか言われても、
私は一ミリも傷つきません。嫌がらせをしようと思って
言ってくるんだと思うんですが、言われ慣れているので」

 

マイクを必死で握る両手は、小刻みに震えていた。
勇気を振り絞って話をしているのがわかった。

「私たちはいま、生きるか死ぬかの瀬戸際にいると思っています。
今の時代は、個人情報を簡単に渡せるので、突然いろんな人がやってきて、

連れ出されて殺されるってことも想像しています」

「それは私だけじゃなくて、在日の人みんなが少しは考えていることです」

 

「そんな時代に、マスコミの人たち、日本人の人にお願いがあります。
私は殺されても構いません。でも、私より若い世代、未成年、
これから生まれてくる子どもがこの国で安全に
生きていけるようにしてください」

 

「日本人の人みんなに言いたいこと」。
そう切り出すと、彼女は次のように願った。

「お友だちとか家族とかで『韓国って危ないよね』『謝罪、謝罪言い過ぎだよね』と言われた時に、

『そうだよね』と流すことがあると思うんです」

「私も今まで、『中国人って声が大きいよね』と言われた時、

『まあまあ』と適当に流した時がありました。でも、そういうのをやめませんか」

「『韓国人ってなんとかだよね』と言われた時、あなたがそう思わないんだったら

『私はそう思わない』って言ってください。それで友だちと喧嘩になっても、別によくないですか」

 

「社会が崩壊しようとしている時に、そんな友だちいりますか?私たちの社会は急には変わらないけれど、

ちゃんとそうやって一人一人が言うことで、半径5メートルは変えていくことはできる。

いきなり人が変わったり、マスコミが明日から嫌韓報道をやめたりしません」

「でも、私たち一人一人にできることは小さなことだけなので、
やってください。よろしくお願いします」

 

スクリーンショット 2019-09-08 2.03.31.png

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
黙っていれば計画は進められてく
category: 広めたいこと | author: とらひげ

騙されてると知ってても放置してる国民。
だけど、問題は「騙されてると知ってても放置してる国民」
を知った上で平気で嘘をつけるようになった政治家なんですよ。

 

69044395_2447789318647992_594135719547502592_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
遠ざかるフクシマ 復興五輪1年前
category: 広めたいこと | author: とらひげ

福島原発事故以前に作り上げてきた生活基盤を
根こそぎ奪われてきた人々。

 

「健康で文化的な最低限の生活を営む権利」
8年以上に及ぶ憲法25条の著しい侵害。。
加害者はもちろん、東電と日本政府。

被害者への補償、賠償は加害者である
東電と政府が主導してる。
これと表裏一体になって、東電と政府は情報開示には
消極的な姿勢を貫き、加害責任を曖昧化してきた。

 

そして、華々しくオリンピックで忘却を狙う。
ゼネコン、マスコミ、JOC
金儲けの正当性には誰も実際には抗えない世界。
いつもその影で泣いてる人たちがいる。
自分とは関係ないと無知、不寛容であると、
必ず自分に返ってくる。
何故なら、現政権は未だに原発推進を掲げている。

 

2019年8月23日  18:30〜19:30
浜松駅北口JR敷地外広場
「さよなら原発の夕べ 浜松」

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH