空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
軽水炉で無理クソ使ってる危険なMOX燃料の 価格が5倍に高騰!! 国民負担増す!!
category: 原発 | author: とらひげ

 

軽水炉で無理クソ使ってる危険なMOX燃料の
価格が5倍に高騰!! 国民負担増す!!

 

以下は中日新聞12月17日の朝刊トップより


原発で使うウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料の価格が、
一体当たり十億円を超え、
国内で導入を始めた一九九九年の最も安かったケースに比
約五倍に高騰していることが、財務省の貿易統計などから
分かった。MOX燃料は毒性の強いプルトニウムを
含み加工が難しいため、製造を海外メーカーに依存した結果、
価格が高騰したとみられる。

国の核燃料サイクル政策では、原発の使用済み燃料は
再処理し、取り出したプルトニウムをMOX燃料に加工し
再利用する。プルトニウムは核兵器に転用可能で
余剰分は持たないのが国際公約だが、
消費手段は現状ではMOX燃料だけ。
同政策の維持のためには価格が高騰しても一定量、
使用する必要があり、電力利用者ら国民の負担となっている。

原発で通常のウラン燃料だけではなく、MOX燃料を
燃やすプルサーマル発電は現在、
関西電力高浜3、4号機(福井県)と
四国電力伊方3号機(愛媛県)で実施。
九州電力が来年に再稼働を見込む玄海3号機(佐賀県)で
予定されている。

貿易統計などによると、MOX燃料一体の価格は、
九九年九月に東京電力が輸入した福島第一原発用が
約二億三千万円だった。二〇一〇年六月に関西電力が
輸入した高浜原発用は約八億八千万円に上昇。
第一原発事故後、さらに値上がりし、
関電が今年九月に輸入したのは一体十億円を超えた。

電力各社はMOX燃料の価格を公表せず、輸入した数のみ
明らかにしている。
関係者によると、価格には厳重な警備の費用や輸送料、
保険料なども含まれている。

MOX燃料は、使用済み燃料をフランスのメーカーに
委託して再処理後、輸入している。
プルトニウムの加工などが必要なため価格は
ウラン燃料より数倍以上高いとされ、
これまでも経済性が疑問視されてきた。
電力関係者は「価格交渉の余地がなく、
値上げされれば従うしかない」と説明する。
日本原燃の再処理工場(青森県)は相次ぐトラブルで
完成の見通しが立っていない。

http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017121702000062.html

25299330_1549833248385550_6773073420023092829_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
原発再稼働を目論む人たちは何としても地震原因説を排除して津波説に止めておきたい
category: 原発 | author: とらひげ

新規制基準をクリアしたということで停止していた原発が次々と

再稼働している。その新基準は津波に対する対策が中心になっていて

防潮堤を高くする、非常用電源を高い場所に置くなど、

審査が比較的簡単にクリアできてしまう。

再稼働を推進したい電力会社及び現政権は

「何としても地震説を排除して津波説にしたい」と考えている。

その理由は3点。

 

一つは先に述べた通り、防潮堤、非常用電源確保という実現可能な

方法で再稼働を確保できるから。

 

二つ目は、津波原因説なら、東電の事故責任が「自然の脅威による

不可抗力」ということに傾きやすくなるから。

 

そして三点目だが、これは「世界の人々の印象」ということになる。

3.11での最初の地震の揺れは一分弱続き、それは原発構内や

地元に経験した人にとっては恐ろしくも強力なものだった。

しかし、他地域の人や海外の人々がテレビを通して目にしたものは

圧倒的津波の被害であった。

フクイチでは非常用電源の燃料タンクが津波で流されてる光景が

放映された。この時、事故原因として津波説が多くの人に焼き付けられた。

その印象を利用してると言えよう。

 

推進派の力説する原発事故説は外部電源喪失により

「5重の壁は中から破れる」ということ。

つまり、内側から燃料ペレット→燃料被覆管→圧力容器→格納容器

→建屋 という順番に壊れていったという説。

だが、実際には地震直後、放射線量上昇により管理区域が閉鎖、

冷却水が減りが早いなど、配管等が地震自身によって

破断していたとしか考えられない事象が起きていた。

 

「初期被爆の衝撃」山田國廣氏著 風媒社 より引用させていただきました。

 

 

2000px-Mihama_Reactors_broken_pipe.svg.png

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
廃炉工学の魅力
category: 原発 | author: とらひげ

僕食べる人、あなた作る人、というコマーシャルが昔あったが

原発作る人、電力をジャブジャブ使った人・・

そして老朽した原発を廃炉にするだけの後世。

確かに食いっ逸れはないが、後始末のための学問。

人工物を生産するための技術開発を行なうという目的で

工学分野は今まで若者を引きつけてきたのに、

なかなか廃炉には魅力を見出せない。

だけど、誰かがやるしかない、これは本当に大人の責任だね。

 

170829_2209~01.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
防衛費を増大させたいし、原発はどんどん再稼働したいダブスタ政権
category: 原発 | author: とらひげ

 

迎撃射程外の只今稼働中の伊方原発守れないです。

PAC3の射程距離は20キロ程度、そのため松山に配備された

PAC3では伊方原発は守れない。

原発近くにPAC3を置かないのは、原発再稼働を

どんどん推し進めようとしてる政府が、原発に物々しい警戒態勢が

必要な危険な施設というイメージを国民にもたれるの懸念しての

ことだろう・・実際にバカでかい原発そのものが物々しい

危険なものなんですけど。

Jアラートの訓練放送を聞いた住民はどんだけ不安だったか。

日本政府は「北朝鮮危機」を単に防衛費増額の口実にするのは

間違いないでしょう。

核武装も視野に入れてるやもしれません。

六ヶ所村の再処理施設がマトモに動けば

日本では6000発の原子爆弾を作れるプルトニウムが

抽出できるとのことです。

そんなものを抱えてどんな未来を目指して行くというのでしょうか?

 

2017年8月25日 18:30〜19:30

浜松駅北口JR敷地外広場

「さよなら原発夕べ 浜松」

 

170819_0708~01.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
防潮堤を見てバベルの塔の話を思い出す
category: 原発 | author: とらひげ

大洪水をやり過ごしたノアの箱船。

その後、神はノアたちに地に広がり、祖先を増やし神と共に生きよ

と命じたが、それに逆らう一派があった。

彼らは一所に権力を集中させ、天をも突き刺す塔を建設しはじめた。
権威を示すためと、今後洪水が起こっても避難できるようにと、
神に対して復讐心さえ燃やしていた。
それを嘆かれた神は彼の共通の言語を破壊し、人々がコミュニュケーションを
取れなくなった。
私は無神論者だけど、「神」を「自然」に置き換えて考えてしまう。
311以来、至る所で防潮堤が作られ、時間が経てばたつほど
まるで何もなかったかのように原発の再稼働が進められて行く。
自然に対する敬意がない私たち人類に今度は何が起こるのだろうか?

sty1512260012-f2.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
原発事故の終わりなき反省会
category: 原発 | author: とらひげ

 

東電3人衆の起訴裁判での冒頭陳述、被告側の弁護で

「福島第一原発は安全性が確保したと認められて設置が許可され

事・故・当・日・ま・で・効・力・が・あ・っ・た・・・

世界で最・も・進・歩・し・たアプローチとされた土木学会の手法で

評価し、津波対策工事をした。法令上の義務を果たし

更に安全性を高めていた・・・」

だけど、事故は起きたわけですよ。これって今再稼働してる原発

準備を進めている原発の電力会社に免罪符を与えてるだけ。

世界一の安全基準とか言っても事故は起きるのです。

それでもある一定の基準を満たせば責任取らなくていいから動かせ。

そんなのでは必ず事故は再び起きるよ!!

 

前規制委員長代理の島崎邦彦さんがインタビューで

根源的なことを仰っています。

「自然に対し、どういう態度をとるかということだと思います。

我々にとって自然はある意味、神様で絶対的存在です。

どんなに緻密な理論でも自然が違う結果を示せば、

その通りでございますと、言うしかない。

だけれど、ものをつくる側の人は、自然に対する謙虚さが

薄いかもしれません。あの津波で学んだはずですが、未だに

変わってない人もいます。」

 

どこまでも都合のいい論理ばかりを口する連中を放置するわけには

いけません。

裁判で国の原発政策のあり方まで問われる事を願います。

 

都議会選挙により自民党が惨敗したところで国の原発政策は

変わりません。これからも地道に訴えかけていくしかありません。

 

2017年7月7日  18:30〜19:30

浜松駅北口JR敷地外広場

「さよなら原発の夕べ 浜松」

1.jpg

 

 

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
浜岡原発 溝口紀子氏の見解
category: 原発 | author: とらひげ

今朝の中日新聞に溝口氏の浜岡原発に関するインタビュー。

去年、私の取材もしてくれた小沢記者が一番知りたかったことを

訊いてくれてる。自民党と原発再稼働。。

一部抜粋させて頂きます。

 

使用済み核燃料の満杯が近い中、保管先の選定

放射性廃棄物の最終処分先

住民の現実的な避難計画及び事故の補償

福島第一原発のちゃんとした検証

県民の声を聞き以上のことを県民に納得してもらわないと

再稼働は容認できない。

 

ー鹿児島県で脱原発掲げて当選した三反園訓知事は意見を覆し

原発運転再開を認めた。廃炉が持論と言う事は覆る可能性が

あるということか?

 

「ないと思います。私の家は原発から23キロの場所にありますしね。

誰よりぶれないのが私の信条。そもそも4年間で条件はとても

クリアできないだろう。」

 

ーとはいえ、出馬会見の勢いに比べ、トーンダウンしてる印象がある。

自民の推薦を受けた事が影響しているのか?

 

「そもそも私は自民党県連ではなく、支部から推薦を受けてる。

国、県、支部で全然考え方が異なる。

自民=再稼働は国で、支部は違う。ただ議会をまとめる上で

最大与党と組む事はマイナスではない。よりリアリティのある

決断ができる」

 

抜粋以上

 

自民党支部はどういう考え方なのかを知りたかった。

開きがあるから妥協して埋めて行くというのであれば
何も変わらない。

 

170618_0742~01.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
小さな事故はたくさん起きてる浜岡原発
category: 原発 | author: とらひげ

人間の作ったモノは必ず壊れる。

だけど、放射能は人間にとっては永遠に近いぐらいに飛び続けるものがある。

 

170613_0613~01.jpg170613_0614~01.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
浜岡原発再稼働31キロ圏内「認める」はゼロ
category: 原発 | author: とらひげ

それでも国に判断を委ねるだとか、再稼働の有無は31キロ圏内だけで

決めるべきだとか・・

結局は曖昧で責任逃れのことしか言ってない首長が多い。

311の教訓などまるでないね。

有事には毎時500μSv/hで天竜川を渡って、避難して来るのに

川の西側浜松市は、同じ線量でも避難勧告はないんだよ。

 

 

170513_0653~01.jpg

170513_0654~01.jpg170513_0654~02.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
震災から6年の変化
category: 原発 | author: とらひげ

原発災害の風化が進んだだけ。

一人ひとりが曲がり角を曲がって、起こった事を忘れてしまうが

そこに置き去りにされた気持ちは絶対に消えない!!

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH