空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
原発の安全を確認する設計や検討書類の隠蔽
category: くだばれ!原発村 | author: とらひげ

原子力規制委員会は審査の透明性を謳っているが
原発の安全を確認する設計や検討書類をまとめた
「工事許可認定書」の公開されてる文書は「白ヌキ」
「黒塗り」が多くて事実上、計算条件や判断根拠が
読み取れない。

 

その隠蔽理由として、「商業機密」の保護を挙げてる。
計算条件や計算過程及びその結果は、単に論理的推論過程で
あって、商業機密にあたるものではない。
20年以上前の既設設備の審査結果までもが隠蔽され
独占的電力事業の上に何が商業機密なのだろう。


仮に若干ののノウハウなるものがあったとしても
それの非開示を優先事項にすることに正当性はない。
何千万人という国民の生命、財産を脅かす危険な
原子力プラントの安全性判断を国民に明示することより
原子力プラント所有者あるいはエンジニアリング会社の
商業機密保護を優先する行為は規制委員会という
公的機関が、一部事業者の利益のために本来の使命を
放棄していると言っても過言ではない。

 

「原発は終わった」筒井哲郎 著

 

31275704_1676455405723333_8955100975022997504_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
原発と金
category: くだばれ!原発村 | author: とらひげ

落ち着いた社会では、まとまった金が自由裁量で

動く機会はほとんどない。

だが原発のような一基5千億円(今はその倍以上)という

工事費を投下するプロジェクトが動くときには

静かな社会に突然、オデキのような異物が発生し

それにまつわる日陰の金が地元の顔役の懐に流し込まれる。

 

つまり、地元政治家にとって蓄財や政治活動の機会になる。

したがって多くの地元住民にとっては大きな利益ではないが

地元顔役にとっては一生に一度の成金気分を味合う好機になる。

しかし、上昇時は良いが、下降時にはその反動が

大きな負担となってのしかかってくる。

 

先頃、福島県浪江町の首長改選に際して、馬場町長らが

「私は中央と太いパイプがある」と言っていたが、

このような事態になっても、まだそういうセリフが

地元選挙民の心を動かすのかと、衝撃を受けた。

 

これから原発廃炉時代に突入する。

そして私たちは地元自治体の知事や町長たちの大袈裟な

アピールの姿をテレビで見る事になるだろう。

たしかに過渡期の数年は地元に取って苦痛であろうけど

それはオデキが癒えて普通の町に戻る回復期なのである。

それを端で見ている私たちも、軽挙妄動することなく

冷静に見守っていくのが望ましいと思う。

 

「原発はおわった」筒井哲郎 著より

001.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
超迷惑原子力産業
category: くだばれ!原発村 | author: とらひげ

現在は原発事業を推進する人たちも、

必要な技術上の信頼性が達成不可能であることを認識した上で、

受益者でない一般庶民に対しても原発事故に

被災するリスクを受忍するように強要している。

 

福島原発訴訟で、津波対策をしていなかった事に対して

原子力工学を専門とする学者たちが被告国側証人に立ち、

「原発の安全対策といっても、投入できる資金や資源にも

限りがあるのですから、ありとあらゆる事態を想定した

アクシデントマネジメントを行うというのは

工学的にあり得ない」と述べて、実際より低い津波想定や

シュミレーションとそれに基づいた設計を正しいと言っている。

 

確かにこれが一般の産業プラントにおける安全対策の

設計姿勢としては適当であるかもしれない。

けど、原子力プラントの事故被害は天文学的な規模になり

未来にまで大きな重石を背負わされる事になる。

安全対策においては絶対に過小評価は禁物である。

一般産業プラントが事故を起こした場合、事業者が自費や保険で

被害賠償額を全額負担して完済する。

しかし、原子力事業者はその責任を免れている。

したがって、学者たちがいう一般産業プラントの工学上の常識を

原発に持ち込む事は社会的整合性がとれない。

 

以下の広告でも突っ込みどころは満載です。

津波により取水口に砂などの堆積物がたまり、塞いでしまったり

もしくはポンプに砂が詰まってモーターが回らなくなったり

海水が取水口を通して内側から溢れてしまう事も想定しているだろうか?

実際に事故が起きてみないとわからない。

その時になって反省しようと思っても遅い。

原発は事故が起きたら終わり、試行錯誤はできないのです。

やめるしかありません!!

 

2018年4月27日 18:30〜19:30

浜松駅北口JR敷地外広場

「さよなら原発の夕べ 浜松」

 

 

30762896_1671897379512469_5421488152034410496_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
原子力の開発研究にどれほどのモチベーションがあるのだろうか?
category: くだばれ!原発村 | author: とらひげ

原子力の開発研究にどれほどのモチベーションがあるのだろうか?

もう半世紀以上やっても事故ばかりで前に進まない処理施設。
開発には更なる年月を要するだろうけど、
一方、廃炉の技術は進んでいるようではある。それでも何十年単位。
それ働けてもせいぜい30年ぐらいだろうか、開発も見ないまま
ヤメていく。
たとえば、それは新たな移住可能の星を目指しての恒星間移動に似てる。
何世代にも渡り、宇宙船の中で世代交代を繰り返す。
外はその間ずっと真っ暗な宇宙、目的の地が確かにあるとの保障もない。
それでもこの場合は新たな人類の大地を目指すという大義が
あるけど・・・
原子力開発は多くの人から疎まれながら、
いって見ればツケ払いの業務に近い。

20110819173248.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
安倍氏、原発輸出ギャンブル リスク補償負担は日本国民
category: くだばれ!原発村 | author: とらひげ

また、アメリカに行って何を言い出すにやらと気を揉んでいたら

こんなことを思いだした。忘れちゃいけないこと!!

 

2017年8月31日、安倍首相は来日したメイ首相と会談し

日立がイギリスに計画中の新設原発2基の建設促進協力を約束した。

 

具体的に、原発事業は311以降は安全対策費用が膨らみやすい。

日本政策投資銀行や国際協力銀行が投資参加することに加え、

更に融資に参加する民間の大手銀行が、貸し倒れリスクが大きいと

判断している事に対して、政府系の日本貿易保険が

貸し倒れが発生した場合・・・・・・

なんと全額補償する見込みである。

 

初めからリスクの高いプロジェクトであることを承知の上で

成功すれば利益は利益は企業やメガバングが懐にして

失敗すれば損失を国民負担にするというスキームを

プロジェクト開始時点から仕組むというのは

株式会社制度の根幹を腐らせる明白なモラルハザードである。

 

「原発は終わった」筒井哲郎 著 緑風出版 を参照のこと

 

 

5475.jpg6204.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
権限と責任があやふやな日本、その象徴が「もんじゅ」
category: くだばれ!原発村 | author: とらひげ

国はこれまで20年間で一兆円もの投資をしてきた「もんじゅ」に

更に費用を投じて廃炉にし、さらにはフランスが進めようとする

不確かな高速炉アストリッドに投資する計画を進めている。

政府は「高速炉開発会議」を開いてきましたが

電力業界のいわゆる「原子力ムラ」を巧みに利用した結論ありきの

会合にしか見えません。

原発をどうしても推進したい電力業界の「村民」と、

政府という「名主」の出来レースに映ります。

 

本来この「もんじゅ」に関しては極めて難しい判断が求められるにも

関わらず、それが政府の会議ではあまりにも短時間にあっさりと

決まってしまいました。

 

これまで、いったい誰が、いつ、どこで、どういうプロセスと

根拠に基づいて決定をしたのか?

失敗した場合、誰がどんな形で責任をとるのか?

まったくもって判然としません。

 

「原発推進」「核燃料サイクル推進」という政府の定めた結論が

先にたち、それを「専門家」の名を借りて原発推進ムラが決めていく。

政府の会議はこうした構図が鮮明です。

これこそ、国民を欺くとんだ茶番劇です。

 

「日本の未来の大問題」 丹羽宇一郎 著より抜粋させていただきました。

CwnYQZvVIAEfuYg.jpg

 

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
子供に原発安全安心擦り込み教育
category: くだばれ!原発村 | author: とらひげ

エネルギー問題などと狭い教室に誘導していく偏向教育。

多大なリスクを負って再生可能エネを潰してまで何故危険な原発を

稼働させるのか・・これからも更に増す危険性についての話は

しないでしょう。

エネルギー問題ではない、政治と利権の問題です。

ほんとに頭がおかしい。原発宗教教育かよ。

大人として恥ずかしいと思わないのが、不思議でならない。

 

29425000_1675155802583014_8938864942082162688_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
一部の人の原子力の経済依存からの脱却できるかどうかそれが一番の争点
category: くだばれ!原発村 | author: とらひげ

こんな言葉をお返ししましょう。

原発依存者へ、原発から経済的に自立したらどうか!!

 

28168338_1684991471594451_4077520868517594318_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
原発は利権だけ、それだけのために動いている。
category: くだばれ!原発村 | author: とらひげ

原発で誰がどれだけ得をしてるなんて大きなお世話という
争点ズラしに御用心。
原発は一部の依存者の利権だけ、それだけのために動いている。

 

未だにコストが安いと、そこには事故処理にかかる莫大な

今も膨らみ続ける費用は入っていない。

一方、立憲民主の資料によると再生可能エネのコストは

ここ7年間で太陽光が75%、風力は25%低下している。

発電単価も化石燃料を下回る10円/kwh以下。

 

CO2は出さないからエコだと・・ウラン採掘による汚染、

温排水海面上昇、放射能汚染、被ばくを大前提とした原発労働者。

環境は破壊しますけど、CO2は出しません。

こんな理屈が何故まかり通るのか?

 

このことを多くの人に伝えなくてはいつまで経っても

危険な原発はなくならない。

 

2018年3月2日 18:30〜19:30

浜松駅北口JR敷地外広場

「さよなら原発の夕べ 浜松」

 

28167152_1616958861672988_7684485884256202468_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
電気自動車に蓄電の役割 電力自給に
category: くだばれ!原発村 | author: とらひげ

豊田通商は電気自動車に蓄えておいた電気を送電網に

送ることで電力供給を安定化させる取り組みを手掛ける。

電気自動車に蓄電池の役割を担わせることで発電所は新設しなくても

電力供給のバランスが調整できるという。

EVが普及する欧州で一部実用化されており、

日本でも早期の普及をめざす。

これにより、再生可能エネなどのムラが克服できる。

原発はいりません!!

180103_2208~01.jpg180103_2207~01.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH