空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
東京CITYは風だらけ
category: 放射能汚染 | author: とらひげ

チェルノブイリと圧倒的に違うのは人口密集地に放射性プルームがフォールアウトしたということ。
コンクリートやアスファルトだらけでも除染などはほとんどしていない
ところで、何も変わらず生活していれば、何かあっても不思議でもなんでもない。

今でも福島第一の2号機から漏れている放射能は時より上がるモニタリングポスト数値が物語ってる。
時間の経過で恐怖は薄れても放射性物質の積算線量は増える一方。
人が多い分、被害も増えるということは容易に想像できる。

25158076_2063217157242104_5681622415192336737_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
アンダーコントロールという大きな虚偽
category: 放射能汚染 | author: とらひげ

アンダーコントロールという大きな虚偽が、小さな真実を

たくさん飲み込んでいて、それを暴くも

どれも取り返しのつかないほどの汚染された真実。

 

バベルの塔で著名な16世紀の画家ピーテル・ブリューゲルの版画

project04__01.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
政府が進めてる帰還促進政策は無謀、無策の極み
category: 放射能汚染 | author: とらひげ

モニタリングポスト周辺だけは除染を丁寧に行ってると

考えるのが普通だろう。

それでも除染した土壌や作物、人間の上にも、新たに2号機から

漏れ出た放射能が降り注いでる。

まず、最優先に取り組まなければならないのが、2号機からの

断続的な放射能の放出を止めなければならない。

線量がジリジリと上昇しセシウム137と134の拡散による

吸引摂取内部被ばくの恐れがある場所になど帰還できない。

 

2号機建屋の放射能の抜け道となっているブローアウトパネルの

隙間(2012年末に開口部はシートで塞がれたが隙間から漏れが

続いている)を完全に塞がなければならない。

そして2号機を覆うように仮建屋を建て、他からの漏れも考慮し

屋内に漏れ出る放射能を建屋外にへ出さないようにフィルターで

ろ過する必要がある。

 

帰還が推奨されている4都市を含めて避難指示が継続している

原発直近地区を除き、「除染は終了した」とされてる。

しかし、その除染終了地区に2号機から放射性物質が

新たに降下している。

何よりの証拠が最近になっても全国的に

グランドシャイン放射線量が上昇していることがあげられる。

そして除染といっても、住宅の裏山など住宅内へガンマ線が

侵入する主要な経路となっている汚染源さえ除染対象外だった。

 

 

lif1709190036-p1.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
現在でも福島第一原発2号機から放射能が放出され続けている
category: 放射能汚染 | author: とらひげ

1号機はデブリが格納容器下部に脱落し冠水してる。

3号機はデブリの一部が格納容器内に残ってはいるものの

仮建屋で覆いをしてフィルターでろ過している。

 

だが2号機はデブリの大部分が圧力容器内に残存し

冷却水は圧力容器をすり抜けてるので冠水しない状態が

現在でも続いている。

さらに圧力抑制室下部配管損傷部から放射能が漏洩し

脱落したブローアウトパネルの覆いの隙間から

(その他の箇所からも抜けている可能性もある)

大気中に放出が続いている。

 

3.19-suitei-nenryou.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
良性の結節が放射性ヨウ素の吸入摂取により悪性になったという仮説
category: 放射能汚染 | author: とらひげ

原発事故前から、日本の18歳未満の子供たちにも甲状腺に結節を

保有している子供たちが数%いた。

福島第一原発事故の放射能被ばくを受けた子供たちの内、

事故前から保有していた結節が良性から悪性に変化した可能性がある。

(これは仮説である)

そのような場合、比較的に早い段階でたとえ低線量のひばくでも

甲状腺ガンを発症する可能性がある。

このような仮説をたてると、今まで疑問に思っていた低線量被ばくや

早期発見などの点が明確になる。

 

福島県立医大を中心として実施されてる福島県民調査では

小児甲状腺ガンでなければのう胞や結節があってもその後のケアや

相談がおろそかにされている。

甲状腺になんらかの疾患がある場合や甲状腺ガン手術後も

広く内分泌系に対する影響ととらえ、子供たちを長期的に

健康ケアしていく必要がある。

 

甲状腺は成人では体内に入った放射性ヨウ素全量の40%、

子供では最大70%集積する。

脳下垂体はヨウ素を通常の非放射性ヨウ素の5倍から12倍の

水準で能動的に取り込む。

内分泌系のこれら2つの重要な構成器官が大惨事発生直後から

数週間のヨウ素期に過度の放射線に暴露した。

思春期の発来や骨髄線の閉鎖などあらゆる生理機能は

複合的な機能を司る内分泌官(膵臓、副甲状腺、甲状腺、副腎

卵巣、精巣)に依存しており、正常な心身の発達を維持するためには

これらが協調して働かなければならない。

胎児や新生児が甲状腺に損傷を負うと、知的能力が抑えられたまま

一生送ることになるやもしれない。

 

「初期被ばくの衝撃」より

 

 

senshu.png

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
今更ながら、ガラスバッジというゴマカシ
category: 放射能汚染 | author: とらひげ

福島県民健康調査による外部被ばく積算線量算定値と

文科省が算定した積算値に大きな差がある。

県民健康調査が配った個人線量バッジは胸部に付けるか

首からぶら下げて測定するため、背部からの放射線を遮断する。

個人線量バッジで測定すると遮断がない場所での測定値に

比べて56%ほど線量が低下している。

 

文科省がおこなったモニタリングポスト実効値による

算定値に比べて大幅な過小評価となる。

個人線量バッジは福島県内で外部被ばく実効線量を

低く見せるために意図的に導入されたゴマカシの数値である。

 

全国各都市において、外部被ばく積載線量を算定するには

モニタリングポスト実効値に基づく方法しかないし

外部被ばく実効線量算定法としても個人的な

ライフスタイルに基づく構造物による遮断効果を

考慮すれば適切なものである。

 

ガラスバッジの線量が線量が実際よりかなり低くなる

メカニズム、数値などは「初期被爆の衝撃 山田國廣著 風媒社」

に詳しく出ています。

 

 

 

clinic-tour12.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
神を管理できるか?
category: 放射能汚染 | author: とらひげ

ずさんな管理というけど、慎重にやってるつもりでも結果的に

ずさんな管理と言われる事の繰り返しで

普通は管理体制が確立されて行くのだけど。

だけど、原子力っていわば神の領域で物理の根源じゃないですか。

謎が多いし、後何度失敗を繰り返せば完全管理できる?
そのリスクを後世に背負わせる生き物ってなんだろ?
生き物なんかじゃないだろ、ブラックホールだよ。

img_5938cac548212.png

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
浜松市の水瓶が危険
category: 放射能汚染 | author: とらひげ

 

 

170409_0847~01.jpg

2017年4月9日 中日新聞朝刊 

 

今や放射性セシウムの濃度が一キロあたり8000ベクレルまでが

一般ゴミとして処理できるように引き上げあられた。

以前までは原子力施設で出た100ベクレル以上のゴミは

黄色い放射能マークのついたドラム缶に入れられ厳重にして六ヶ所村の処理施設まで

運ばれていた。

その処分場は天竜川上域の宮田村に建設予定。

 

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
3月から岐阜県土岐市での核融合実験
category: 放射能汚染 | author: とらひげ

気になる先月からやってる岐阜県土岐市での核融合実験。

ここには、放射線を出す花崗岩がいっぱいあるから

もともと線量が高いとされる地域なんですけど。

名古屋の方でも線量が上がっているとたまにツイッター見かけるので

気になってガイガーをかざす。浜松市2017年4月9日

通常よりちょっと低いぐらい。

 

170409_0723~01.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
年間20ミリシーベルトで帰還OK!!
category: 放射能汚染 | author: とらひげ

年間20ミリシーベルトで帰還OK!!
行政は「実際には20ミリシーベルトになる地点はほとんどない、生活空間はもっと低いですから」と
じゃあなんで避難解除の値をもっと低くしないのか?

 

元原発作業員の方曰く
「もし俺等が20ミリシーベルトの約束で仕事を受けたら
その数値まで文句が言えないですよ・・
実際は5ミリシーベルトだって言ったじゃないか!!
話が違う!!と言ってもその条件で受けたならしかたがない。

5ミリシーベルトの仕事なら5ミリシーベルトで
引き受けないとダメなんです。」

 

行政って常に条文をじっくり読む仕事ばかりしてるから
こんなゴマカシお手の物なんだな。


DAYS JAPAN2016年12月号のおしどりマコさんの
「自主避難が必要な理由 誰が反論できる?」
を参照のこと。

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH