空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
都心を守るシステム
category: 差別 | author: とらひげ

 

原発も同じだよね。
災害時に犠牲を払う側になるなんて誰もが嫌です。

 

72458451_2482852148416984_2417155586429812736_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
沖縄と韓国。
category: 差別 | author: とらひげ

1957年から一年間で日本本土から米地上軍が
撤退していった。
度重なる米兵の犯罪、演習事故、買春横行に対する反発が
広がり、反基地運動が盛んになった。また、原水爆禁止運動も
急速に広まり、核兵器の持ちこみも問題視されるようになった。
そうした中、米軍は東アジアの軍配備について見直すが・・
地上軍は沖縄に海兵師団、韓国に陸軍師団を配備することとし、

日本本土には空軍基地のみ。

地上発射核ミサイルも沖縄と韓国に配備することとし、

日本本土にはしなかった。
このように日本本土には一定の配慮を示し、

軍事負担は韓国と沖縄にかけるという政策をとった。
軍事負担とは米兵犯罪や事故を伴うものです。

現在も本土の都合の悪い事は全部飲んでもらっているように感じます。

スクリーンショット 2019-09-07 22.27.16.png

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
戦後慰安施設隠蔽工作
category: 差別 | author: とらひげ

戦後慰安施設隠蔽工作。女性を現地病院の看護婦に割り当てた。

 

発信者 第一南遺艦隊司令官 
宛先 第11特別根拠地隊(サイゴン)、第13特別根拠地隊
(ラングーン)、第15特別根拠地隊(ペナン)、スラバヤ第21通信隊ほか 8月18日1121

 

シンガポールの海軍慰安施設に関して、8月1日付で日本人従業員は海軍第101病院で雇用されることとなった。
多くの少女たちが補助看護婦とされた。これと同様の措置をとるようにせよ。

 

この通信記録では日本人としか言っていないが、その日本人は当時、

植民地であり国籍は日本人であった朝鮮人や台湾人がふくまれていると見てよい。

 

日本軍「慰安婦問題の核心」 林博史 著より

149928995640_20170706.png

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
染み付いた差別
category: 差別 | author: とらひげ

夕食時、ニュースで慰安婦問題が出てくると
私の母は「いつまで言ってんだ!!いい加減にしろ」
との暴言。子どもたちも聞いてるから私も言い返す。
「恥ずかしいからヤメろよ・・・・・」
子どもたちの話では、「おまえらのオヤジは婆ちゃんを
バカにしてる」と愚痴ってるらしい。
結局、染み付いた差別や偏見て、抜けないんだな。
私が言い換えせば、母は自分自身を否定されてると
思ってしまうのだ。自分が他者を人格否定してるにも
関わらず・・もはや口を閉ざせとしか言えない。

 

0.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
慰安婦問題の核心
category: 差別 | author: とらひげ

強制連行があったなかったのレベルの問題じゃない。
嫌疑にかけた女性を逮捕し、無理やりに慰安婦にしたケース、
部族長を脅して女性を出させたケース、
抗日勢力の討伐に行き男を殺し、若い女性を連行したケース。
女工や看護婦だと騙して募集して無理やり慰安婦にさせたケース
など、いろんなパターンある。

 

今、関係のよろしくない対韓国だけの問題でもない。
日本人、朝鮮人、中国人、台湾人、マレー人、華僑、タイ人
フィリピン人、インドネシア人、ビルマ人、ベトナム人、
インド人、ユーラシアン、太平洋諸島の島民、オランダ人が
あげられる。ラオス、カンボジアについては不明だが
可能性は高い。


これは全女性に対する暴力問題であって国がどうのこうのの
問題じゃない。今も紛争地域では起きている。
この本は大量の文書や証言から抽出されてる。
本当の未来志向であればこれらをよく研究して反省し、

このようなことを二度と繰り返さないようにすべきではないだろうか。

 

70234864_2390749067627293_516973402259456000_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
いったいどんな未来志向なのか?どんな関係が望みなのか?
category: 差別 | author: とらひげ

戦後74年、私たち日本人は何も学んでないし、何も伝承されてない。
ただ忘れるために時間を使ってきた。
私は近隣のアジア諸国の文化が好きだし、欧米人よりも
人としてのシンパシーを感じる。特に韓国には。
無知は人を傷つけるばかりか、自分をも貶める事になる。
いったいどんな未来志向なのか?どんな関係が望みなのか?
そんなもの何もないだろ。ただの偏見と差別満ちた
垂れ流し論。糞と同じ。
自分の出した糞を恥ずかし気もなく閲覧してるようなもんだ。

 

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66722?fbclid=IwAR0L_EpS2JUhU4ozhRKv2-tjUci1HWyX3-ffepV49m3RazrfAJY6Rf2DP7E

スクリーンショット 2019-08-24 21.51.44.png

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
卑怯者の美学
category: 差別 | author: とらひげ

 

近年の日本では、他者を攻撃中傷するだけの言論が横行している。

韓国・朝鮮人や中国人への差別意識が掘り起こされて増幅されている。

強者、権力者を擁護し(自己を強者と一体化させながら)、その立場から弱者、被害者を攻撃中傷する点に共通性がある。

そこでの攻撃罵倒の対象は韓国中国だけはなく、差別抑圧迫害されている人々に向けられる。

元慰安婦女性たちだけでなく
在日の人々、基地撤去を求める沖縄の人々、原発事故の被害者
生活保護を受けている人たちもそうである。

 

今日、日本は経済停滞が続き、人口減少、高齢化社会
将来良くなるという展望が失われ、かつ人々の生活を保障していた会社、地域社会、家族が解体され、

一人ひとりがバラバラにされて人権を無視した競争社会に放り込まれている。
見下していた韓国中国が経済成長している点も刺激している。


こうした中、事実かどうかが問題でなく、自分が安心できるものを事実だと信じたい、

自分が責められるようなことは否認したいという傾向が強まっている。

差別迫害されてる者や弱い者を攻撃し叩くことによって、自己の優位さ、

強さを示し、不安を解消し、自信を持ちたいという衝動かもしれない。
より良い未来を作る展望も自信もないから、過去の歴史の中で

何か誇れるものを見つけようとするしかない。

彼らの攻撃対象は、弱者あるいは反撃されても不利益を被らない者ばかりである。

強者の横暴は容認される。


安倍政権下でそれを批判する者に対する政治的圧力、圧迫が強まり、

経済界では人権など堂々無視されてる中で、人権意識を身につけようという方が難しい。

こうした動向は卑屈な後ろ向き姿勢であり、未来を展望するものは何も生まれない。

過去の幻影の中に誇りを見出そうとするだけの、後ろ向きな幻想に過ぎない。

 

「日本軍慰安婦問題の核心」林博史 著の序文より引用させて頂きました。

 

300x300s_FFFFFFFF.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
入れ物に沿って生きてる憐れな人たち
category: 差別 | author: とらひげ

自分すら人間だと思っていないという。。まさにそれ!

まんま年を重ねれきたらもう、手の施しようがない。

憐れんでやりましょう。

 

65171261_2235727583207248_2082588869705859072_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
表裏使い分けるレイシスト
category: 差別 | author: とらひげ

映画ブラック・クランスマンにKKKを新たな形で統合しようと
している議員が出てくるんだけど、
彼は公には絶対差別的な絶対口にしないのに、組織の中では
白人至上主義を煽り立てる。これは今のトランプもそうだけど、日本会議と安倍さんも同じだね。
多くの人が今も騙されてるけど、果たしてこの先には何が
待っているんだろうね。

 

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
日の当らなかった戦後
category: 差別 | author: とらひげ

戦後の日本、親を失くし食べ物もなく大人達は

自分を守るだけで精一杯だった時代。

少女達は体を売るしか生きのびる道はなかった。

彼女達もその時代の事は直隠ししてきたし、知ってる人も

多くは語らなかったけど、年老いて語らなきゃいけないと

思ったのだろうな。いろいろ文書で目にする。

 

毎日何人もの大柄のアメリカ人を相手にするからボロボロで

性器をオキシドールで消毒し、オロナインを塗っていたとか・・

週に2度も3度も保健所に行ってたとか・・・

それでも、子どもを育て今は孫もいる・・

それは見たくも聞きたくもない話で、中にはデマだという人までいる。

詳しく書かれた手記などを読めば、敬意を払う事はすれ

差別なんてできないと思うよ。

 

137830631788113103583.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH