空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
あなたの人生の物語
category: 文学歴史の20 | author: とらひげ

八編あってどれも面白そうだけど、とりあえず映画「メッセージ」の

原作だけ読んでみた。

 

蛸のよう風貌で、あらゆるところに目があり、左右上下という感覚がない

食べ物も口と排泄が同じエイリアン。

それゆえ、時が進むという感覚もない。

人間でいうところの未来や過去も彼らの前には同時に存在してる。

それを理解するキッカケとなった物理学者と言語学者の会話が興味深い。

光にもし意志があるとしたら、予め到達点を把握しその最短距離を選択する。

彼らエイリアンには種族が存在しはじめてから絶滅までを把握し
3次元的には個としては今を生きている。
私が真っ先に浮かんだのがイルカ。
原作では何のために地球にやってきたのかわからず仕舞いで
エイリアンは去って行くのだけど、
未来の娘の誕生と成長の日々そして死を把握して行く物理学者の
心情がなんとも切ない。

 

170612_0528~01.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
週刊金曜日、先週号は北朝鮮特集。読み応えあり。
category: 文学歴史の20 | author: とらひげ

週刊金曜日、先週号は北朝鮮特集。読み応えあり。

 

制裁を受けても経済発展を遂げてる現状。企業に与えられた販売権、貿易権、価格制定権、

人材管理権など。厳格な国管理の社会主義統制から市場化が進んでいる。

 

トランプ大統領が北との対話交渉路線に転じたわけ。
空母さえ、一瞬でタダの鉄の塊に変えてしまう
電磁波爆弾の発射訓練・・

 

拉致問題で切り捨てられた残留日本人や日本人妻の
帰国への想い。

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
武道教育取り入れのキッカケ
category: 文学歴史の20 | author: とらひげ

普通選挙法と治安維持法が成立した1925年、

第一次大戦を経て不況が深刻化すると

日本の労働争議数がピークに達した。

また大正デモクラシー運動や労働運動に対して政府は

治安対策の観点から警察力を拡大した。

 

その一方で国民の間では反警察感情も浸透し

学生運動は社会主義と連動し本格的になってきた。

それを危惧した文部省が、欧米から流入するデモクラシー思想に

対抗する思想善導の手段として武道導入を検討しはじめた。

 

武道は修学の必修科目に制定された。

この措置は公民科の新設に連動していて、学生の左傾化を防ぐため

心身鍛錬修養を武道教育に求めた。

満州事変、国際連盟脱退、日中戦争と続き、日本は国際社会から

孤立する一方で、国内では武道教育を通して

国体の護持が図られるようになった。

 

「性と柔」 溝口紀子著 より抜粋

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
武道、角度を変えないと男から見えてこないもの
category: 文学歴史の20 | author: とらひげ

静岡県知事に立候補した溝口さんってこの本の著者だと
今更ながら知った。
これは読んだと思うけど。。家に本がないなあ・・
武道に関して余りにも無知だった私はビックリした。
剣道やってたくせに・・
柔道ってもともと男女別れてないスポーツだったけど、
男女を分つ事で初めて国際スポーツと認められた。
そんなルーツだから、練習は男女混合、つかみ合って寝技まであるのに・・
この問題が発覚した後はどうなったか知らないけど。
思えば、剣道も私のときは試合さえも男女別れてなかったからね。
部員に2人女性がいたのを憶えてる。

 

81e6tpB8IoL.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
社会の先生
category: 文学歴史の20 | author: とらひげ

「今年で教師を定年退職しました、本を書いたので一冊差し上げます。」

と、いつもお世話になっている竹内さんから本を頂いた。

1980年からというから私が高3の時からなんだなあ。

私のときはこんな遠藤ミチロウやスターリン、クラッシュ、パティスミスなどに詳しい面白い先生は

いなくて社会といえば丸暗記の退屈な授業でしかなかった。

映像や当時の社会性がある歌などを使ってすごく興味深い授業をしていたらしい。

生徒たちに出来事をその人の立場になって心で感じて、考えさせる。

生徒たちは自ずと自分の器や輪郭を知る事にもなるんだね。

多くの生徒たちの感想も載っているのでそこからも感じ取れます。

 

以下は本から抜粋

 

今の学校現場では、関係をつくれない、聞く事ができない、

読み込めないような生徒の表情を感じる機会が多くあります。

無理解、無関心に加え、ネットや出版では歴史評価をめぐって

「日本の戦争は正しかった」「植民地支配ではない」

「強制労働ではない」「反日」「自虐史観」などと語る自己中心的な

過去の合理化、歴史の湾曲が続いています。

 

競争社会の中で、高校生の心性には同級生と「しね」「ばか」と平気で

言い合うような関係が生まれています。

そのような言い合いをみながら、3年生の3学期、2017年一月の事ですが

周りの生徒に、なぜ加害の問題が解決できないのか?何が足りないのか?

聞きました。

彼らの答えは・・「知識がない」「謙虚さがない」「思いやりがない」

「ヤル気がない」「協調性にかける」「器が小さい」

その通りと思いました。

当事者にはわからないことも周りからみればよくわかるようです。

人の痛みを知る事、いじめたり、合理化することに恥じらいをかんじること

仲良くしようとする気持ちを持つ事、そこから始まると思います。

悪い事をしておきながら、俺は正しいと言い張っていても仲良くはなれません。

 

自己や過去を合理化しない、ヘイト行動へと煽動されない、そのような

知性と感性が求められます。真実を理解し謙虚に思いやりと協調性を持って

対話し、過去のことを精算していくことが求められています。

その実現には想像力や共感力を高めるようなさまざまな取り組みが

必要であると思います。

 

井上ひさしは「難しいことをやさしく、やさしいとこを深く

深いところを面白く、おもしろいことをまじめに、まじめなことを愉快に

そして愉快なことはあくまでも愉快に」と言ってます。

植民地支配、強制労働などは難しいテーマですが、やさしく、ふかく

面白く学べればと思います。

言葉の裏側や立場を変えて考えることに楽しいと感じる事が

できればと思います。

植民地主義の克服をまじめに考え、理想をもつことは愉快なことです。

アジアの非軍事の平和への理想を持ち続けることも

また、愉快なことではないでしょうか。

 

 

 

170415_2007~01.jpgれき

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
内面からの報告書
category: 文学歴史の20 | author: とらひげ

6歳のある朝、世界は美しく自分は自分である自我に目覚める。

あらゆるモノが新鮮で大人の手の入らない子供独自の感覚でモノを見ていた。

雲の形、夜空に穴を開けた星空、別次元の実在を信じてたアニメーション。

思春期を迎え、無知から無知以下の何ものかへの緩慢な移行。

それまでの経験、物語を掘り起こす還暦を過ぎた作家ポール・オースター。

そんなことができるのはこの人だけだろうとも思える。

 

彼が生まれたときはトーマス・エジソンが死んで16年しか経って

いなくて、遠足には彼の記念館によくいったそうだ。

そこでは世界で始めての映画「大列車強盗」が上映されてた。

なんとポールの実父はエジソンのもとで働いてたそうだけど、

ユダヤ人とわかると即刻クビになったそうだ。

 

170408_2135~01.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
本ジャケ
category: 文学歴史の20 | author: とらひげ

「カバーをおかけしますか?」

こんな素敵な表紙なのに何故隠す必要があるのだろう。

内容もいつもギッシリ詰まってる。

しばし、ポール・オースターの深い穴蔵に過ごせるのは幸せ。

 

170318_0901~01.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
日本的ナルシシズムの罪
category: 文学歴史の20 | author: とらひげ

私自身は自分が基本好きだけど、外で人と接した場合、

特に団体の中に放り込まれた場合に感じる自分への違和感を拭い去れない

時がある。それでもいつも音楽に救われてきた、それも欧米音楽だけど・・悲

 

戦後、アメリカが持ち込んだ価値ー民主主義や個人の自由に日本は

同一化しました。

軍国主義や家族主義を奉じていたことなど忘れたかのように

「高度経済成長」「所得倍増」という目の前の具体的な幸福追求に

向けて集団的にまい進しました。

日本社会と日本人の心の中には、全体への一体感を優先する戦前の価値観と

個人を重視する戦後の価値観とが統合されないまま併合してきました。

その矛盾はオモテとウラをその場その場で使い分ける事で糊塗され続けてきたのです。

(以上本抜粋)

この本はとても勉強になりました。

基本は精神分析の本ですが最後には原発問題や改憲についても記述があります。

すべてを同意できる内容ではないけど、

著者自身が、2012年に南相馬市にわざわざ移り住んで精神科医を

なされていて、一歩引いた形で客観的に問題を捉えてる。

途中、難しいところなど何回か読み返しましたが

一読の価値アリですよ。

 

 

170311_0741~01.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
賠償金額の違いによる精神的分断
category: 文学歴史の20 | author: とらひげ

分断して統治するというのはこういうことなんですね。

 

賠償金額の差は本来は主に考えるべき個人と政府・電力会社との

関係ではなく、他の被災者と自分とを比較することに気持ちが

向かってしまいます。

自分の受けた障害が大きいにも関わらず、周囲と比較して

少ししか賠償を受けてないと考えた場合には、

どうしても不満を抱きやすく、より多く賠償を受けてる人々への

攻撃的な態度が生じる事があります。

反対により多くの賠償を受けている人は、何らかの意味で周囲の

人々に対して負い目の感情を負わされてしまうのです。

 

実際に家族や故郷・仕事などの多くの喪失を体験し

避難生活の苦難の中にあるにも関わらず、多くの賠償を受けるために

周囲から十分な共感や理解をえることが困難となる場合があります。

そのため、安心して周囲に相談することができなくなり

疎外感を抱いて孤立する可能性が高まります。

 

気がつくと国や電力会社に対して、地域復興を目指して

連帯するという「ヨコの関係」は大きく損なわれ

政府に対する「タテの関係」を前提として、

賠償金や補助金うぃ獲得するために上との関係をめぐって

互いに競争するという立場に置かれているのです。

その意味では被災地域に対する国家と政府のガバナンス(統治)は

事故前より強まっていると言えます。

 

南相馬市で精神科医を続ける堀有伸さんの本より。

 

 

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
義理
category: 文学歴史の20 | author: とらひげ

自らを集団に没入させ、そこから「自らの分」を事後的に切り分けてくるものが

日本人にとっての「自分」です。

 

突発的な激変の可能性を含んだ予測不可能な対人関係においては

日本人が自然に対して示すのと同じように、自分を相手との関係に

投げ入れ、そこで相手の気に動きを肌で感じ取って、

それに対して臨機応変な出方をしなくてはならない。

自分を相手に預ける、相手次第で自分の出方を変えるというのが

最も理にかなった行動様式となる。

このようにして、日本人の人と人との間は或る意味では無限に近い

密着したものとなる。

そこには厳密な意味での「自己」と「他人」はもはや成立しない。

自己が自己であり続けるためには、自己は相手の中に自己を捨てねばならない。

そして相手の中にもう一度見出して、

それを自分の方に取り戻さなくてはならぬ。

 

「日本的ナルシシズムの罪」より

66d4272447ce7737c0351ff6d84c6568.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH