空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
フランス外人部隊
category: 文学歴史の20 | author: とらひげ

フランス外人部隊に入る日本人って結構いるんだな。
村上龍の小説「希望の国のエクソダス」に出てくる東南アジアで革命家になったナマムギくんを思い出した。
この著者の場合は災害救助がしたくて、自衛隊入隊に15回もトライしたけど落ちて(本人曰く数学が全くダメが原因?)
それで語学が得意だったことを活かし外人部隊に入隊。
期間は5年で、雑用、掃除、訓練だけで終わってしまう場合も
多々あるらしい。彼は人を殺したり、殺されたりするのを肯定して部隊に入ったわけではない。
テロの多い紛争地域で、見張っていて停止を呼びかけても
迫ってくる人、威嚇射撃はできない・・
平和維持活動というのは恐怖との戦いでもあるんだな。

 

日本や韓国、中国、北朝鮮、など文化的で知力、倫理観がが
ある人が大勢いる地域でも武器が必要なのか?
対策をとらなければいけないのは互いを認め合う姿勢を
破壊するレイシストの処分だと思う。
それに教育が大きく影響するだろう。

 

著者の野田君がアフリカのジャングルで出会った少年は
藁と粘度の家の生活レベルなのに、日本人だと知ると
「ヒロシマ、ナガサキ」
「日本では1945年8月6日午前8時15分に原子爆弾が
投下されましたね」と言われたそうだ。
紛争地域であってもなんとか自分の国に平和をもたらしたい
そんなおもいで、子ども達に勉強を教えている教師も
いるんだ。

50414451_2027119863990217_4468516672344424448_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
THE LAST GIRL
category: 文学歴史の20 | author: とらひげ

タイトルと精悍な彼女の写真に引かれて手に取りました。
ページをめくるたびに恐怖と怒りで目が離せなくなり
一気に読んでしまった。

 

イラクの少数派の宗教ヤズィディ教徒の町が2015年より
ISに包囲されてからのことがそこに貧しいながらもたくさんの家族と平和に暮らしていたナディアの体験。

町はISに包囲され、ある日全員が学校に集められて、
男はバスに乗せられ、山で全員が銃殺、女子どもは
分けられ、年輩者は殺され、女性と子どもは選別された。
十代の子は戦士に洗脳、ナディアのような若い女性は
イスラムに強制改宗後性奴隷に、
既婚者も改宗後40日後に性奴隷に・・
イラク中のIS征服地を回され、罵倒されながら犯される
逃げ出せば、連れ戻され殴られ鞭打たれ、大勢の兵士に
レイプされ続けた・・

 

トラウマ必至の追体験だが、彼女のように信仰が深い人に
とって、これを人に話すにはもの凄い勇気だろう。
以下は本より抜粋。

 

レイプほどひどいものはない。
それは人間性を奪い、将来への希望、つまりヤズィディ信徒の社会へ戻り、結婚し、

子どもを持つという将来を描くことすら不可能にしてしまった。そんなことをされるぐらいなら
殺された方がましだと私たちは思った。

ヤズィディ信徒の未婚女性にとって、イスラムに改宗させられ処女でなくなることがどれほど打撃になるかをISは
知っていて、だからこそ彼らは私たちが一番恐れていること
つまり私たちのコミュニティの宗教指導者が、私たちが帰っても受け入れないことをしたのだ。

 

女性達は自分をレイプした相手を戦ったかを話した。
勿論、戦闘人に勝ったわけではない、戦ったことでいくらか
救われた気持ちになれた。
「私は抵抗したし、殴ったし、顔に唾を吐きかけてやったし
なんだってした」と。
ある女性は、戦闘員がくる前に処女ではない状態になっておくために、瓶を使って自分を傷つけたり、別の女性は
自分の体に火を付けようとしたという・・

49726507_2021792231189647_1019856786347261952_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
安倍官邸vsNHK
category: 文学歴史の20 | author: とらひげ

タイトルの印象とは違って 去年までNHKの百戦錬磨の記者だった
相澤さんの 森友事件取材過程が事細かに書かれている。
安倍官邸までは食い込んでいないけど記者という裏の仕事
垣間見れました。

籠池さんの偽100万円札束について。
当時、いつ逮捕されてもおかしくない状況だった。
逮捕時には所持品はすべて押収される。それを恐れて
ある人が、本人に知らせないまま手渡し、
マスコミの前で見せて恥をかいてしまった。

近畿財務局の自殺した職員について。
3月2日の朝日の改ざん報道を受け、彼は心労のため休職中にも関わらず

6日の日に近畿財務局によびだされ、
次の7日に自殺しているという事実。

この本出てくる人達はそれなりに人望もあり、正義感も
強い人ばかりなのに、何故こんなことになったのか
これからもしっかり取材して解明してほしい。
相澤さんのvs安倍官邸はこれからですね。

 

48412370_2009883739047163_5880908988232499200_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
除染と国家
category: 文学歴史の20 | author: とらひげ

環境省のワーキンググループ何を話し合ってるかと
思えば、、、、

「8000ベクレル/キログラムってゼロが3つ並ぶけど
8キロベクレル/キログラムとか8ベクレル/グラムとも言える。
小数点以下なんか小さく見えるし、それがいいなあと
思ったりする。」
要は単位を変えることで汚染を少なく見せたいというのだ
別の出席者が「あるいはこれから使おうか」と応じると
佐藤教授が
「今からそうするのはちょっと・・・・
意図的だと思われてしまう」と注意した。
それは低く見せる意図を非難したのでなく、自分たちの
本音が明らかになるのを恐れただけだった。

文中より。

49614584_2005164636185740_1087553146038779904_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
何でも値札をつける
category: 文学歴史の20 | author: とらひげ

 

えっ‼んなわけないだろ!といろいろ途中で調べながら読でたら

読了までえらく時間がかかってしまった。
何でもかんでも公金がかかるものは民間に売り渡すという
怖ろしい流れ。水、医療、教育までも値札を付けられてる
なんのために行政があるのか?
怠慢そのものじゃないか。
 

48395585_1994395067262697_6080223637162426368_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
公正と公平の違い
category: 文学歴史の20 | author: とらひげ

もし、部活で先輩から体罰を受けたとする。

そのことを恨みに思いながらも、自分が上級生に

なった時に下級生に同じように体罰を強要する場合が多い。

これは日本人の歪んだ公平感そのものだ。

それを伝統とか言い換えるやつもいる。

 

「自分と同じように新しく入ってきたやつらも酷い目に

公平ではない」という情緒。

「公正」を考えれば体罰自体がおかしい以上、それを

失くすのが筋だろう。

だけど、私たちは誰かが得をして、自分は損をしていると

ついつい考えてしまう。

 

COLOp8xVEAAidQA.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
DAYS JAPANの創刊号
category: 文学歴史の20 | author: とらひげ

DAYS JAPANの創刊号の表紙はあまりにも陰惨だった。
豊かで平穏な生活を乱されまいとする日本人に
突きつけられた爆弾写真だった・・・


平和への戦いは写真だったり、音楽だったり。
この反骨な写真雑誌が休止してしまうのはとても
残念だし、目隠しされるようで怖くもあります。
この写真に書かれたコメントは以下の通り。

 

「私たちは、この少女を見つめる義務がある。
この少女は米軍のクラスター爆弾で体を引き裂かれた。
そしてその米軍の爆弾を支援したのは日本だった。
私たちに、目をそむける権利はない。」

18Daysmm.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
「愛」なのに「愛」がない。
category: 文学歴史の20 | author: とらひげ

「愛国心」この言葉は利用されやすい。

「愛」と言いながら、その反対のヘイトや排除に使われたりする。

愛国心は人間として自然で、当然の感情であるはずなのに

為政者などに利用され、エスカレートする危険性がある。

外国への憎しみを煽って、外国人を排除し戦争をするための

道具にもなってしまう。

国を取り巻く環境が不安定になると、

「愛国心があるなら、国を守るために戦争を辞さずの覚悟をもて!」

なとど言われる。

そんなことが、いまネット空間や路上デモなどで

平然と叫ばれている。

「愛」なのに「愛」がない。

 

他国の人を傷つけるような言動をしても、またそうした行為が

暴走してしまっても、「愛国心」という言葉で正当化される。

あるいは批判すると「日本を愛していないのか?」

「日本がどうなってもいいのか?」などとも言われる。

こう言われてしまうと誰も反対できない。

反対できないから、その言葉が力を持つ。

あらゆることが許されて、認められてしまう。

「普通」「当然」「常識」と言われてしまえば、

そうした大勢の声に反対する人はいないし、疑問に思う人も

いなくなってしまう。

疑問に思ったり、異議を呈したりすれば

「売国奴」「非国民」という言葉を浴びせられる。

 

以上「愛国心に気をつけろ」の序文より抜粋。

 

鈴木邦男さん言うほど、酷くはなっていないと思うけど

無関心でいると「普通」「当然」「常識」という言葉は

より無関心さを産むことになると思う。

 

20180131114721269060_b84e3cf8bd1204742a8c5eccc6fa653b.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
「国のため」の人と「お金のため」の人。
category: 文学歴史の20 | author: とらひげ

モリカケという一括りはかなり心外だろうと思いました。

私とはもちろん考え方は違うけど純粋に子供達の

教育について追求してる人とお金や身内の

ことばかり考えて学部新設する人と一緒に扱うのはね。

以下本文より抜粋させて頂きます。

 

国家権力に屈せず国民のための国民による国民の政治に

戻したい。絶対私は負けない。

主人は「国のため」が口癖の人で、国のためになると思って

二十数年ひたすら小学校を建てようと思ってきただけ。

加計孝太郎さんみたいに、息子が獣医だから息子のために

獣医学部を作る、毎晩ボトル一本を飲み干す酒豪で

ホステス相手に飲み歩く、ゴルフをする、大学の横に

自分たちの遊び場を造る計画をしていたとか・・

そんなのとは、私たちは理念からなにからして全く違う。

主人は承認喚問にも出た!加計さんは全く出てこない。

一緒にされたくない。

 

 

9784575314014.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
大阪おかんの獄中日記
category: 文学歴史の20 | author: とらひげ

パラパラと本屋で立ち読みして、泣きそうになった。
獄中で過去の思い出と向き合う。それしかないからね。
興味本位で買ってしまいました。

 

持っていたもの、築き上げたものをすべて失いました。
去って行った友人、知人も多くいました。
家族もバラバラになってしまいました。
今の私たちには何もありません。でも不思議なものです。
私は、そしてまた主人も、今心から幸せを感じています。
すべてを失ったから見えてきたこと。

前文を抜粋させて頂きました。

44454608_1905045629530975_3709750758942441472_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH