空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
<< 渡り蟹のトマトクリームソース | main | ゆれる >>
センチメンタル・アドベンチャー
category: シネシネ団 | author: とらひげ
 こんな名作がこんなに安くでているなんて。。。
内容はちょっとしか憶えてなかったけど、
ずっと昔に見て感動して泣いた自分は憶えていたので
買い、さっそく観ました。

妻はこれといってどんでん返しがあるわけでは
ないけど、まあまあ面白かったと言ってくれたが・・・
私は、いったいどこで泣いたっけ?

クリント・イーストウッドの実の息子が甥の役で
出ていて、この子が結構いい演技してた。
たぶん、私と同世代だろう。
1920年代アメリカの時代背景・・
ナッシュビルの当時のお堅い考え方や価値観。
綿摘みなどをして必死で生きてる人々。
なかなか興味深いです。

貧困から抜け出すためナッシュビルを目指した男。
飲んだくれで泥棒、おまけに結核にかかって
余命あとわずか・・
イーストウッドのギターは弾いてないみたいでしたが
歌とピアノはほんとうらしい。
honky tonk manは結構泣かせる曲だね。
泣かなかったけど・・・
comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑






この記事のトラックバックURL : http://torahigebeast.jugem.jp/trackback/165
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH