空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
<< 近所のどぶ川にカメ大量発生 | main | 日本は三権談合原発帝国じゃないですよね!! >>
昼にセルフの食堂に入ったら
category: 御時世 | author: とらひげ

お昼の子供たちを連れてセルフの食堂に入った。

時間がないとき、安く済ませたいときは好都合。

嬢ちゃんは素うどん、坊ちゃんは豚汁とご飯とハンバーグ

2人ともここにくると食べるものは決まってるし・・

 

列の前には年配の夫婦、焼き魚と卵焼きとご飯と味噌汁・・

お店に人に「冷や奴なくなったの?」
「すいません、こちらの小鉢になったんですよ」
「あ〜〜ずいぶん可愛くなっちゃまったなあ〜」
その老夫婦はたまたま私たちと向かい合わせの座った。
別にのぞいたわけじゃないがレシートが見える。
2人で1300円かあ・・
焼き魚と卵焼きをプラの容器に入れて
2人で仲良く小鉢の冷や奴と味噌汁でご飯を食べてる。
そして今月からどうのこのと・・よく聞き取れなかったけど
お金を話をしてる。
なんとも言えない気分になった。
もう80歳近くの2人だと思う。

 

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑






この記事のトラックバックURL : http://torahigebeast.jugem.jp/trackback/5764
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH