空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
<< 痛いのはやはり一般人 | main | もう振り回されたくない >>
暴力、暴言が容認される世界
category: 思ったこと | author: とらひげ

暴力、暴言が容認される世界。

そんなコミュニティが未だに存在するのには驚き。
しかも子供も大人も、こんなもんじゃないの・・と思っている。
私から見ればそんなものは教育でも何でもない。
本来みんなで楽しむゲームのはずが人より抜きに出たいがために
それ以外のモノを全部犠牲にしている。
教える側はどう見たって子供ためにいってるんじゃない。
ただ、気まぐれに感情を爆発させてるだけ。
まあ、私の子供の時に比べたら全然ましだけど、時代が違う。
公表すれば大問題になることはわかってるけど、そのコミュニティでは
誰もが容認してる以上、黙ってそこから出て行くしかありませんね。
だけど、ほんとうにそれでいいのか?
同調圧力で黙らされてる人がいるんじゃないかとも思うけど、
おおきなお世話だろうな。
坊ちゃんは野球部を退部しました。
comments(2) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
 こんにちは。
私が野球の審判員をやっている頃に、中学野球の練習試合への派遣がありました。

 ここの監督は、だいたいがおっしゃるような、おじさんばかりです。
怒鳴り散らす態度に辟易していました。

 一度、怒鳴り散らすのを放置して試合を止め続けたことがありました。
 審判員としてのささやかな抵抗です。

 私も野球をやっています。
野球というスポーツは、人間形成や状況判断などが磨かれる素敵なスポーツと思っています。

 チームメイトがミスした時に、自分がどれだけ支援してあげられるか?
今、何しなきゃならんのか?

 皆で助け合って手にした勝利を、皆で分かち合う。すばらしいことだと思います。
こういうことは、社会に出ても必要なことだと思っています。

 こんな素敵なスポーツを、罵倒罵声で汚してしまい、子どもたちを野球嫌いにさせてしまう「おじさん」ってなんなんだろう・・。
by T_Yamada (2017/05/29 11:08 AM)
T_Yamada さんコメントありがとうございます。それでも子供たちは健気に一生懸命やっておりました。野球が好きなんでしょう。
by とらひげ (2017/06/05 6:02 AM)






この記事のトラックバックURL : http://torahigebeast.jugem.jp/trackback/5825
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH