空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
<< 原発事故時は決死隊が必要となるがその覚悟があるのか? | main | 刺繍が痛い >>
15歳の夏
category: 文学歴史の20 | author: とらひげ

スゲー面白くて上巻を一気よみしてしまった。
この人は気難しくて複雑な印象があるけど、
この本ではまだ好奇心の塊15歳の少年そのままの
気持ちで書かれている。
たぶん、当時の日記とか写真をみてニヤニヤしながら
書いたんだろうなあ。
高校入学祝いに東欧諸国、ソ連の社会主義国に一人旅に
出た優少年。ハンガリーで生まれて初めて見たポルノ写真
ポーランドでの文通相手との日々、
チャウシェスク政権下のギスギスしたルーマニア
そんで下巻はいよいよソ連、早速買って読みます。

 

31947519_1688793134489560_4801211049615294464_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑






この記事のトラックバックURL : http://torahigebeast.jugem.jp/trackback/6321
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH