空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
<< 洞窟のスクリーン | main | 天竜川堤防取付道路にて >>
僕の傘
category: - | author: とらひげ

僕の傘   原発ジプシーズ

 

憂鬱な月曜日の朝 打ち付ける雨音

後回しでたまったツケを なんとかしなくちゃいけない

路面を跳ねてく 水しぶきを見て

気付いた まだそこに忘れものがある

 

布団の中で誰かが 擬音の呪文を唱える

何もかもずぶ濡れで 台無しになればいいのにさ

振り出しに戻れたら 今度はやらせない

この星は おまえらの私物じゃないんだ

 

とりあえず 僕の傘にはいりなよ

少しだけ肩や足は濡れるけど

とりあえず 僕の傘に入りなよ

濡れて大丈夫なわけないだろ

 

顔のない脅迫電話 声のしない暴言の文字

憐れな卑怯者たちの マスターベーションの集い

これからどこへ向かうつもりなのか

思うほど相手にされないって、悲しき不発弾

 

とりあえず 誰かの傘に入ってる

ずぶ濡れで走ってく人を笑い

いつまでも そこにいるつもりなら

いつか君の空にはプルトニウムが降るよ

59b43552b09409bdb534c1de322e508f.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑






この記事のトラックバックURL : http://torahigebeast.jugem.jp/trackback/6326
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH