空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
<< 赤の広場=美しい広場 | main | カモナベイビ〜 >>
そこのみにて光輝く
category: シネシネ団 | author: とらひげ

「そこのみにて光輝く」

こんないい映画を見逃していたんだなあ。

生々しく生活臭がプンプンにおう作品でありながら、

サントラや映像、役者の素晴らしさですごく映画的。

スクリーンで観たかったなあ。

 

発破仕事で心に傷を負ったタツオと仮釈放中の青年タクジの

映画「スケアクロウ」みたいな出会い。

タクジの姉千夏は、週三回のイカ工場と安酒場で体を売って

脳梗塞の父と愚痴ばかり言ってる母を養っている。

しかも仮釈中の弟のために、庭屋の社長と否応なく不倫関係。

その庭屋の社長ときたら、カネで地元自治会ともベッタリで

女性をものとしか考えないクズ野郎。

どこにでいそうな人だなあと思い、現実の人が頭に浮かんだ。

そんな連中相手でも、人間らしく生きていこうとする若者が

眩しい。

 

D13F0E16-CF57-11E3-9A3E-4266CD288735_l.png

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑






この記事のトラックバックURL : http://torahigebeast.jugem.jp/trackback/6329
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH