空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
<< 岸井さん、秀樹、熱い男が2人も逝ってしまったね | main | 秀樹が歌えと・・・ >>
酒気帯び運転で人をひき殺しても停職処分一ヶ月だけの外務省特権階級
category: 人物 | author: とらひげ

普通は飲酒で車を運転して人を跳ねて死なせたら、
交通刑務所に入ってるのが当たり前ですよね。
1992年モロッコ首都ラバトのバーで一時間ウィスキーを
飲んだ後、飲酒状態で車を運転し、帰宅途中タクシーに追突、
そのはずみでスクーターに乗った男性1人を死なせた
外務省職員岡本治男氏。処分は停職処分1ヶ月だけ。
現ドミニカ共和国の特命全権大使。

 

外務省曰く、この職員は国際法上の特権及び免除を享有していた・・・
佐藤優さんの本を読んで本当なのか確かめてみたら
ちゃんと国のHPに出ている。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a173120.htm


人を殺していい特権が外務省にあるとはそれりゃ
どんだけでも横暴に振る舞えるわけだ。

 

 

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑






この記事のトラックバックURL : http://torahigebeast.jugem.jp/trackback/6337
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH