空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
<< 日本全国民を愚弄 | main | 大阪科学館に「則天學」のミニヴァージョン。 >>
アメリカと戦争しようという人はほとんどいないのは
category: 思ったこと | author: とらひげ

日本人がアメリカの文化を理解しているからでしょう。

それが好きか嫌いに関わらず、映画、音楽、言葉、生活様式を

知っているから、受け入れが痛い銃や暴力、差別というのもあるが

もう、戦前線中のようにアメリカ人を悪魔だとは思っていない。

文化交流がいかに大事かがわかる。

誤解による争いごとは避けられる。

 

佐藤優さんの「十五の夏」で中学生だった彼が日ソ放送の

社長と知り合う場面がある。

その社長は元陸軍将校でシベリアで5年以上も抑留されている。

戦争の本は私もたくさん読んでるけど、敗戦直後兵士達は

中国の蒋介石軍に捕まればすぐに日本に帰してもらえたが、

ロシア人に捕まった人はもう超最悪だったらしい。

それでも、命からがら帰国した人の中には二度とロシア人と

戦争すべきじゃないと、文化交流会を声高に訴える人がいたんだなあ。

ロシア人と日本人が互いの文化を理解し合う事がとても重要だと。

好き嫌いにかかわらず、人は親を選べないのと同じく隣国も

選べない。

 

 

 

 

 

 

 

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑






この記事のトラックバックURL : http://torahigebeast.jugem.jp/trackback/6340
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH