空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
<< 水をたくさん飲まなきゃ | main | この通りの認識でいいのかどうかは知らないけど >>
原発事故により避難した子供達に。
category: 差別 | author: とらひげ

「何度も死にたいと思ったけど、震災で何の覚悟もないまま

亡くなった人のことを思うと一生懸命生きなきゃと自分を時々奮い立たせている・・」

そうだね、だけど理不尽なことに耐えなくていいよ。

同級生が苛めるのも全部大人たちの刷り込みだ。

辛い経験をしてるから虚言癖があるだの、自分の保身だけで

イジメをなかったことにしたい教育委員会や学校。

そいつらが心底腐り切ってるだけで、君は何一つ悪くない。

 

避難して、東京の小学校に転校して1週間ぐらいしてから、名前に後に

菌をつけられて***菌と呼ばれたり、ホウシャノウって呼ばれてました。

避難してきた子は女の子は福島さん、男の子は福島君とも呼ばれていました。

放射能イコール菌で「菌は病気になって死ぬ」。

それを毎日言われていたら「死ぬのかなあ」って思ってました。

「中学生になるまでに死んじゃうんじゃない?」みたいにからかわれました。

それはしょうがないと思ってました。

 

中学校に入ってからは収まって、「たいへんだね」って言ってくれる子もいたんです。

けれども、去年(2015年)の夏、プールが終わった後に男子に

「福島からきたんだろ、今日の水着はどうしたんだよ。」ってからかわれて。

避難者だからお金を持ってないだろって意味だと思うんですけど

そしたら、今度は「お金がない」って苛められるようになりました。

「お金がないわけじゃない」と言うと、さらに「嘘つき、

コイツの言う事は9割方ウソだから」と広められました。

「お金がない」って言われるのは凄く嫌でした。

親の話にまでいくんです。

「避難しているから、お前の親はひきこもりだ」「働いてない」と

親の事を言われるのが嫌で・・・・・

 

お金がないことを否定すると「お金を持ってるんだったら買え」

となるんです。拒むと「学年中に避難者と広めるよ」

「それだけはやめて!」「じゃあ何か買ってよ」と言われて。

最初は学校帰りに、コンビニで100円のドーナッツを買わされました。

断っていたんだけど、どんどん言葉が強くなって、段々怒鳴り声で言われて

胸ぐらを掴まれて「買ってよ」といわれたこともありました。

初めは小遣いで買っていたんですけど、最近になってちょこちょこ買えって

言われ、断りきれない事が多くなって・・ゲーゼン、コンビニにも行って。

「塾があるから」って行くのを断ると、「じゃあ貧乏なんだね」と

レッテルを貼られて、1週間口をきいてもらえない事もありました。

しょうがなく買って、そしたら最終的に東京ドームとかゲーセンのあるところに

連れて行かれて。親の事を言われのが嫌だったので払いました。ゲーセン代とか。

 

おごった100円ドーナッツの包み紙を持って帰った子から

「ゴミでコンビニでの買い食いがバレて、親に怒られた。アンタのせいだからね

責任取れ!!」と言われてそれからゴミを持ち帰るようになりました。

他の子達からも「これ持って帰って」と言われるようになりました。

断っていたんですけど、「しょうがない」って。それからは毎日のように

「お前ゴミ持ち帰れ」となって。「これ持ってて」ってゴミを私に

渡したまま帰っちゃったり。

「あげるよ」ってゴミをかばんにいれられちゃって。

しょうがないから私が他のコンビニ行って捨てたり。

 

私がイジメの事を話した仲のいい先生は

「すぐに教育委員会にいうべきだ」と言ってくれたんですが、

その8日後に校長先生と面談したら「その子たちに聞いてみたら

あなたの想像した話のようにはしていませんと言っている」と。

私の事、信じてくれないみたいで。校長先生が

「じゃあその子達に軽く注意しておけばいいよね。

どんなことがあったか聞いておくから」って言って。

「そうなのかな」と思って。

面談して注意してくれるならいいかなと思ったら、

全然注意もしなくて・・・

 

歴史の教科書とか4冊ぐらいなくなりました。

その前や後にもノートが10冊ぐらいどっかにいってしまって。

一冊は見つかったんですけど、美術室のすごい奥で

蜘蛛の巣が張ってるとこがあって、一部だけ蜘蛛の巣がなくて

どうしてだろうと思ってみたら、自分のノートがあって中が

ぐちゃぐちゃになって、いたずらされたり、ページがなかったり。

先生に言っても調べてくれなくて。未だに教科書とか出てきてないから

どこにいったんだろうと思って・・・・・

 

「地図から消された街」青木美希著より抜粋。

イジメを受けた女子からの直接話をきいた部分です。

 

この記事は2016年12月朝日新聞の青木さんの徹底取材により

暴露されたが、またも腐った連中にねつ造などと書かれた。

 

 

25368b5b82becde8f0f501a491af9e9e.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑






この記事のトラックバックURL : http://torahigebeast.jugem.jp/trackback/6418
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH