空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
<< FUKUSHIMA | main | 知れば知るほど怖くなるお役所仕事。 >>
低線量被ばくによるガンの増加について
category: 放射能汚染 | author: とらひげ

日本だけこの考え方、100ミリまではリクスゼロ。

閾値があるという幻想。

計量カップに水を注いで、メモリ100を超えるまでは

カップの中は空っぽと言っているようなものです。

 

「低線量被ばくよりも放射線を恐れる事に起因する

精神的ストレスの方が健康に悪い!!」

という原子力推進派の言いぐさ。

確かにストレスは免疫系に悪影響を与えてガンの原因に

なりうると、言われているが・・

実際にはストレスとガンとの間の因果関係は科学的に

証明されていない。悪影響に関しての科学的知見もない。

 

このように、100ミリシーベルトを被ばく影響の閾値とする

原発推進派の科学者の見解は純粋に科学的な立場から

提示されてるものでないことがはっきりとわかります。

 

974be82525c15d46614e31c5016d5bbc.png

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑






この記事のトラックバックURL : http://torahigebeast.jugem.jp/trackback/6436
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH