空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
<< 知れば知るほど怖くなるお役所仕事。 | main | 差別構造がないと成り立たない原発 >>
福島事故以上のことが今後起こらないと思ってないかな?
category: 思ったこと | author: とらひげ

今日は福島出身の方が、「私と同じ思いの人がいる」

と声を賭けていっくれた。前から原発は危ないと思っていたけど

まさか、自分が生きてる間にこんなことが起こるとは思わなかったと。

 

想定外って言葉が流行ったけど、すでに1997年に

雑誌「科学」で「原発震災、破壊を避けるために」と題した論文を

発表した人がいた。地震学者石橋克彦さん、当時は神戸大学教授。

内容は来るべき東海地震による浜岡原発の事故想定のことだが、

それが、まるまる福島第一原発事故そのものの想定だった。

一ヶ所に何基も並んでいる特徴的日本の原発の地震による複合的損傷事故。

配管破断、放射能で操作不可能となった手動ベント、津波、外部電源喪失、

メルトダウンとまさに予見できていたわけです。

 

その中に最悪の場合について書かれている・・

稼働中の出力110万キロワットの浜岡3号炉が、メルトダウンを起こして

水蒸気爆発した場合、風下側17キロメートル以内で90%以上が急性死。

南西の風だと首都圏を中心に484万人が晩発性障害つまりガンで

死ぬという想定だった。。

 

 

風下の町

 

今も燃え尽きる事のない発電所の灯に

夜空は星を奪われ 虫の音は消えた

誰のせいでもないと 政治家が嘯く

ここは風下の町

 

彼女がどこからやってきたのかと

仮設の皆が噂してる

ウサギの目をした髪の青い女の子

誰も遊んでくれない

 

川向こうから今も人が流れてくる

着の身着のまま持てるだけの荷物を抱えて

黒煙が上がる 空にはヘリコプター

ここは風下の町 ここからは逃げられない

 

自分で片腕を切り落とした老兵

爪をかむ彼女に囁きかける

お前の親父は戻ってこやしない

焼け落ちた空に埋まってしまった

 

もうすぐ川から東は封鎖される

橋には大きなゲートができ上がってる

河川敷には 有刺鉄線

ここは風下の町 ここからは逃れられない

 

鉄のニオイと日焼けのようなダルさ

ここも危険と誰もが感づいている

その内誰かが叫びはじめる

名簿にない異端者を排除しろと

 

今も燃え尽きる事のない発電所の灯に

夜空は星を奪われ 昼間は青を失くした

誰のせいでもないと 政治家が嘯く

ここは風下の町 ここから逃れられない

 

今も燃え尽きる事のない発電

所の灯に

夜空は星を奪われ 虫の音は消えた

誰のせいでもないと 政治家が嘯く

ここは風下の町

37841884_1419005068243230_8618991025009983488_n.jpgスクリーンショット 2018-07-27 21.45.20.png

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑






この記事のトラックバックURL : http://torahigebeast.jugem.jp/trackback/6438
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH