空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
<< ヒロシマの赤ちょうちんに誘われて | main | 旧日本銀行内、地下の展示室 >>
許せまじ原爆
category: 人殺し反対 | author: とらひげ

爆心地1、6キロの自宅で被爆し、奇跡的に家族4人とも生き残った
早志百合子さんは昭和30年に高校を卒業して地元バス会社に
就職した。バスガイドになった彼女。毎度、橋にさしかかる時に
この「許すまじ原発」歌うというマニュアルがあったそうだ。
スマセン、「許せまじ原爆」でした。
それで、その後に被爆体験を話さなければなり、

それが嫌でしょうがなく
向いていたけど辞めてしまったんだよ。

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑






この記事のトラックバックURL : http://torahigebeast.jugem.jp/trackback/6453
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH