空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
<< こんな時期に林間学校 | main | でかくなりゃあがって。 >>
分断社会
category: 御時世 | author: とらひげ

分断社会というこうで、ばっさり切ってるからかなり

大雑把に一括りがされてるけど、明治の「獣の世」とは

実はいまの社会だったというオチには納得するしかない。

以下は「分断社会・日本」より抜粋

 

平等主義国家は消えた。

多くの人々にとって働くことは苦痛でしかなくなり

勤労の先に待ち構えるのは貧困のリスクであった。

通常道徳は労働者にとって精神的負荷となり

努力の果てに没落する人々の悲鳴が社会を

切り裂こうとしている。

 

今の日本社会は通常道徳の実践にエネルギーを費やした

多くの失敗者で溢れている。

過酷な競争社会に疲れ、就労の苦痛の中で日々の生活に

耐える人々は働かずに収入を得る生活保護受給者を非難する。

没落の危機に怯える中間層も含め、生活に不安を覚える人々、

政治やマスメディアに利害を代弁して不満を持つ人々は

反知性主義的な言説を支持し、急速に排外主義化した。

鳴り止まぬ公務員パッシングの一方で、親が我が子に

公務員になることを希望する様は滑稽でさえある・・・

 

51RZLwWx-kL._SX352_BO1,204,203,200_.jpg1701-02_sp01_main.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑






この記事のトラックバックURL : http://torahigebeast.jugem.jp/trackback/6607
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH