空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
<< 5000ベクレルの土で農地造成利用 | main | TS2 >>
1968年激動の時代のアート展
category: 見物 | author: とらひげ

1968年から70年代初頭にかけてアートはこれでもかというぐらい思いっきり出し切ったんだな。

反万博、大学紛争、ヒッピー、三里塚闘争。

これ以降は惰性としか思えないほど。

だけど、この世代が今の新自由主義が台頭する世界を作ったんだよな。

まさに今の我々こそ、地獄の門の前に立っている。
この当時誰もが考えていた楽観的な未来なんて
もうないのだ。

 

52008504_2074612522574284_826949103341535232_n.jpg52350444_2074612335907636_991972965308432384_n.jpg

comments(1) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
「この世代が今の新自由主義が台頭する世界を作ったんだよな」って、少なくとも金融資本主義にした責任はあるかもしれませんが多くの人は反対していました。確かに楽観的だったとはいえますが。
by 紫のウナギ (2019/02/18 7:56 AM)






この記事のトラックバックURL : http://torahigebeast.jugem.jp/trackback/6697
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH