空蝉の如く我もここにありきと・・・
あまりに個人的な生活の足跡です。
可愛い2人の息子娘虎の子ちゃんとだるまちゃん、
そして凛として何でもこなす妻。
齢を重ねても精神的にパンクでソウルフルでいられるのは
この人たちのおかげなのです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
Land of Milk and Honey
Land of Milk and Honey (JUGEMレビュー »)
Eliza Gilkyson
ジャケットからくるイメージ、王道のカントリー声で歌われる曲の良さ。他のアルバムもいいですが私にはこれが最初に出会ったアルバムなのでお気に入りです。
ロケット発射場見学
category: 見物 | author: とらひげ

ロケットの長さは50メートル以上。

このバカ高い組み立て工場で、1段、2段、3段をクレーンで

持ち上げ組み立てる。

このロケットの収められてる工場の扉は世界最大の引き戸。

ここから2台のムカデのようなトラックで発射台まで

30分かけてゆっくり運ばれる。

13階段を上らされる絞首刑囚さながら。

発射台の2台の赤白のタワーはロケットを支えるためのものではなく

避雷針なんだそうだ。カミナリが落ちたら、電気系統は一発でアウトだからね。

 

発射時の制御室まで見せてもらった。

設備がものすごくアナログなのに驚いた。

照光式押しボタンやスナップスイッチが一杯並んでいる。

JAXAのお姉さんに訊いたところ・・

結局、昔から繰り返し使っているものがより安全性が高いという

判断によるとの事。

アナログなら壊れたら、1個リレーを替えるだけで済むのに

デジタル最新だと一つ壊れると全部がダメという事もある。

 

 

 

171014_1156~01.jpg22414279_2038036639760388_1579019141_n.jpg22523911_2038036616427057_1578532462_n.jpg22523943_2038036626427056_2094367692_n.jpg171014_1120~01.jpg171014_1118~01.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
種子島宇宙センター
category: | author: とらひげ

宇宙兄妹は、無重力体験を楽しんだ。

171014_1408~01.jpg22500728_2038035923093793_1885530735_n.jpg22500782_2038070819756970_733206071_n.jpg22501072_2038070416423677_1831718868_n.jpg171014_1335~01.jpg171014_1036~01.jpg171014_1110~02.jpg171014_1110~01.jpg22497726_2038055986425120_1218416481_n.jpg22472790_2038070446423674_2038503020_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
泣きたくなるほど荘厳な海岸
category: 見物 | author: とらひげ

デカい岩、ちゃんと名前が付いてるところもある。

 

22497614_2038070636423655_1267251855_n.jpg22497838_2038070656423653_1898689234_n.jpg22472571_2038035896427129_1035405480_n.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
見ちゃる、聞いちゃる、言っちゃる・・
category: 見物 | author: とらひげ

土産物屋で見つけたけどちょっと値段とデキが気になったので

買わなかった。ネタとしては最高だけどね。

 

171014_0913~01.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
どうやってフナムシを捕まえたか
category: 見物 | author: とらひげ

海岸の岩場に下りるともの凄いフナムシ。

私が移動するたびにザワザワ・・

草葉に誤って逃げてしまった一匹。

岩場では自由自在だが草葉では動きが

うまくとれないでいる。

可哀想だから捕まえて岩場に戻してやった。

よく見ると結構可愛いやつ。

22497816_2038035329760519_746753424_n.jpg22547695_2038065289757523_667296001_n.jpg171014_0906~01.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
島の朝
category: - | author: とらひげ

朝6時に港に船が帰って来た。

漁師さんの中に結構、若者がいるよ。

種子島高校もある。

スーパーには水が売っていない。

普通、離島は水の確保がたいへんなのでは?

水道水が飲料水、ロケット射場もあるというのに

ちょっと心配。

 

171014_0739~01.jpg171014_0704~01.jpg171014_0748~01.jpg171014_0609~01.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
種子島のディープ
category: 見物 | author: とらひげ

ここは甘い安納芋の産地なんだね。

ひき肉がたっぷり入った安納芋のコロッケと天ぷらは美味しかった。
ローカルのスーパーに入ると見慣れないものをいっぱい見かける。
バナナカレーってどうなの?って地元の若い衆に訊くと
「おれは食った事がないし、知り合いで食って評判をきいたこともないです。」
そうだろうなあ、それでも買ってく客はいるんだってさ。

 

171013_1959~01.jpg171013_1949~01.jpg171013_1936~01.jpg171013_1850~01.jpg171013_1921~01.jpg171013_1935~01.jpg171013_1956~01.jpg171013_2008~01.jpg171013_2001~01.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
ここでも分断
category: | author: とらひげ

大人なのに、大人じゃないし。

憎しみに支配された時点でもう自分は間違ってると思って

間違いない。

安倍さんは今日、鹿児島入りしたみたい。

 

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
種子島アラキホテル
category: | author: とらひげ

空港では17時前にもう店じまい、逃亡犯ポスターがぎっしり。

こういうところに潜んでいるのか・・

レンタカーを借り信号機も何もない道を走る事40分、

港町の西表市に到着。

老舗旅館「種子島アラキホテル」フロントマンが垢抜けてて親切。

和室の畳のデザインはハイビスカスで、隣は種子島唯一の温泉。

温度調節無しの源泉露天、超気持ちよくて何時まで入ってられる。

しかも何回でも入っていい。

しかし、悲しい事に私は飛行機で蕁麻疹が発生。

 

171013_1755~01.jpg171013_1650~01.jpg171013_1751~01.jpg171013_1743~01.jpg171013_1745~01.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
ラッキーボーイの手を握って乗り切ったプロペラ機
category: - | author: とらひげ

ボテチが気圧パンパンだけど、私もガチガチパンパン。

赤ちゃんが恐怖で泣き叫んでいるけど、私だって泣き叫びたい。

たださえ、飛行機嫌いなのにプロペラ機。

ラッキーボーイの手を握って苦難を乗り切った。

鹿児島は霧島連山からまだモクモクと噴煙が・・

 

171013_1641~01.jpg171013_1642~01.jpg171013_1643~01.jpg171013_1405~01.jpg171013_1635~01.jpg171013_1309~01.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH